ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 面白さ ★★★☆☆ SF アクション マーベル

「アントマン」まぁまぁかな。

投稿日:

うーん、面白いのは面白いんだけど、マーベルの他のシリーズと比較するとパワー不足なのは否めない。
なぜって、多分”小さいから”だと思うんだよね。

小さくなって、”おー!”って思うのは、最初のバスタブのシーンだな。

ここは丁寧に描いていて、リアリティも迫力もある。

なんだけど、実際の戦いのシーンなどは、もう一つかなぁ。

狙っているのは判るんだけど、もう一つ、ハラハラ・ドキドキ度が欲しいところだ。

逆に、ファルコンと戦うシーン。

ここはスゴイね。

”小さくなって、こう戦うんだ!”ってのが思いっきり表現されている。

ところで、「アント」は、マーベル作品の一つで、全体の流れ、特に「アベンジャーズ」のシリーズに出てくる。

という事で、やっぱり見ておくと、「アベンジャーズ」や「キャプテン・アメリカ」のシリーズが楽しめるので、とりあえず、マーベルが好きなら見ておくべきだと思う。

また、「アントマン」の2作目となる「アントマン&ワスプ」にも繋がるので、こちらを楽しみにしている方はぜひチェックするべきです。

シリーズの一作目は、”いかにしてヒーローが生まれたか?”に重点が置かれるので、本格的に面白くなるのは、2作目というパターンが多いのも事実です。

新作の「アントマン&ワスプ」を楽しみに待ちましょう。

小さくなる映画と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「ミクロ・キッズ」です。

この映画は”小さくなると大変だ!”ってのがテーマになってるんで、小さくなって戦う「アントマン」とはまるで逆。

現実的には、小さくなる方が大変だと思うんですよね。

私が最初に人間が小さくなる映画を見たのは「ミクロの決死圏」。

人間が小さくなって病気の人の体内に入り、病気と闘うという映画。

斬新なアイディアで当時はなかなか楽しかったなぁ。

こちらもぜひどうぞ。

-戦闘アクション, 面白さ ★★★☆☆, SF, アクション, マーベル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「蜘蛛の巣を払う女」まぁまぁかな。

「ドラゴン・タトゥーの女」のシリーズ4作目になる作品。 実は、このシリーズ、私は見ていなかったのですが、敷線をある程度知っておけば十分楽しめると思いました。 で、率直な感想なのですが・・・。 ”なかな …

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」面白いのはオープニングだけ!

これは期待が大きかっただけに、かなりガッカリな映画でした。 タイトルにも書きましたが、”面白い”と思ったのは、オープニングのグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げるところだけ・・・うーん。 まず、 …

「ライオンキング(実写のようなアニメ版)」映像はスゴイが・・・。

「アラジン(実写版)」に続き、ディズニー作品のコチラを見てきました。「ライオンキング」を実写風のアニメでリメイクした作品です。どうだったか? 映像は確かにスゴイです。オープニングは、アニメ版とほぼ同じ …

『記憶にございません!』三谷幸喜の中では、まぁまぁ、面白い方か

三谷幸喜の映画はとっても好きなので、邦画の中では、けっこう”映画館で”見る方だ。 今回の「記憶にございません!」は、予告編を見て、発想が面白い!実に三谷幸喜らしいと、けっこう期待した。 政治家が、「記 …

ダークタワー

スティーブンキングの作品なので、”オカルト”、”ホラー”かと思いきや、そんなに怖くはない。 ”子供の心がエネルギー”という発想は面白いが、展開が単調で、どんでん返しなど全くない。 淡々とストーリーが進 …