ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 迫力の映像 面白さ ★★★★☆ SF アクション 洋画

「ライフ」リアリティはスゴイが・・

投稿日:2018年9月5日 更新日:

「ライフ」という映画は、ベン・スティラー が監督・主演の「LIFE!」という”人生の旅”みたいな映画もありますが、今回、紹介するのは、地球外生命体と闘う宇宙飛行士の話しです。

面白いか?と聞かれると、まぁまぁ・・かな。

まず、タイトルなんだけど、「LIFE(ライフ)」というのは”生命体”のこと。

一言で言えば、「火星からやってきたエイリアン」です。

で、その「エイリアン」に設定もストーリーもそっくりなんですよね。

宇宙船の中に進入してきた”生命体「カルビン」”。

最初は小さいのに、乗組員を襲いつつ大きく、凶暴になっていく・・・、設定は全く同じ。

では、違いは何か?

決定的に違うのは、作品が作られた時期ですね。

映像技術のおかげでリアリティが全然違う。

本物のISSでロケをやったのではないか?というぐらいのリアリティのある宇宙空間です。

しかし、設定の懲り方、エイリアンの成長の仕方、襲い方、さらに、乗組員にとんでもないヤツがいて、大どんでん返し発生など、「エイリアン」の方は、設定やストーリーが凝りに凝っているのに比べ、「ライフ」の方は、単純に闘うだけで、背景やどんでん返しなどがない・・まぁ、単純だから楽しめるというところもありますかね。

という事で、個人的には「エイリアン」の方が上!と思うのですが、それでも、「ライフ」はまぁまぁ面白いです。

それは、繰り返しになりますが、映像の素晴らしさです。

リアリティのある宇宙空間と言えば、「ゼロ・グラビティ」ですが、これを彷彿させる映像に仕上がっていると思います。

それでも、ここでもう一押し!

「ライフ」を楽しむなら、ぜひ「エイリアン」も見てください。

生命体の成長の仕方も全然違います。

「カルビン」の場合。

単細胞 ⇒ 細胞が増える ⇒ 大きくなる

ですが、「エイリアン」の場合

卵⇒ フェイス・ハガー ⇒ 幼虫(人の腹の中で育つ) ⇒ 成虫が腹を破って出てくる ⇒ 脱皮を繰り返して成長 ⇒ エイリアン

とまぁ、凝りに凝った展開。

さらに、元々の卵を産む 「エイリアン・クィーン」まで登場するんですから、相当凝ってますよね。

もっと驚いたのが、乗組員の中に裏切り物がいて、エイリアン登場には、大きな陰謀があった・・・という、これまた驚きの展開!

「ライフ」には、こういうのは一切ないです。

繰り返しますが、「ライフ」もそれなりに面白いです。

でも、やっぱり、これを見るなら「エイリアン」を見て欲しいな。

多少映像が古くても、絶対に面白いですよ。

「エイリアン」は当時のキャッチ・コピーもカッコよかったなぁ。

”宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない”・・・んー!

いいねぇ。シブイねぇ。

-戦闘アクション, 迫力の映像, 面白さ ★★★★☆, SF, アクション, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「スタンド バイ ミー」良いのは音楽だけ!

”少年達が冒険を通じて成長する姿を描く映画”・・・どこがよ? 冒頭からノッタリした展開で、何それ?とどうしても納得できないのが、冒険というのが、”死体を捜す旅”なんだよね。 それって冒険? 正直言って …

「メッセージ」社会性ありだけど、なかなか面白い!

人類と異星人とのファースト・コンタクトを描く映画です。 異星人が伝えるメッセージを解読する。 その目的は、「異星人は何のために地球に来たのか?」これを知るためです。 得てして、この手の社会性を追求する …

「アメリカン・アサシン」単純だが、そこがいい!

いわゆるスパイ物で、スパイ活動を始めることによる人間の成長も描いている感じです。 テロリストに婚約者を目の前で殺され、復習のための活動を始めたところをCIAにスカウトされ、工作員として働き始めるという …

ダークタワー

スティーブンキングの作品なので、”オカルト”、”ホラー”かと思いきや、そんなに怖くはない。 ”子供の心がエネルギー”という発想は面白いが、展開が単調で、どんでん返しなど全くない。 淡々とストーリーが進 …

キングスマン ゴールデン・サークル

面白いと言えば面白いんだけど、個人的には”どうかな?”と思う部分がたくさんあった。 おそらく、PG12指定の理由なんだろうけど、”人がコロコロ死ぬ”のよね。 あまりにも簡単に・・・、しかもグロいシーン …