ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

ほのぼの 癒し 面白さ ★★★☆☆ ドラマ 社会派 洋画

「バーバラと心の巨人」タイトルでネタバラし?

投稿日:

うーん、まず、いつものようにタイトルがマズイと思う。

「巨人とは?」というのがこの映画の見所なのに、”心の”では、見る前からそのように見てしまうよね。

「バーバラと巨人」で何故いけなかったのか?

でも現代の「I Kill Giants」も日本人の感覚では、ちょっと違うんだよねぇ。

この映画は、少女の”心”に焦点を当てた作品であることが、最初から判っているのと、見ていて”そうだったのか!”と気が付くのでは、感動の大きさが違うと思うんだよね。

それと、”巨人とは何か?”は、結局、”見た人が決める”というオチでも構わないと思う。

どうして、”心の”と決めつけるのか?

うーん、タイトルの付け方って重要だよね。

で、結局この作品は面白いの?

はっきり言って、”面白い”とは言えないよね。

ハラハラ・ドキドキも中途半端。

納得のラストではあるものの、もう少し、観客をくぎ付けにする展開が欲しかったなぁ。

「敵が襲ってくる!」って類の映画はいろいろあるよね。

中には、本当に襲ってくるんだけど、大人が信じないので、大変なことになってしまう・・・って話が多いと思う。

なんだけ、この映画を見て、何故か思い出してしまったのが、「ネバーエンディング・ストーリー」だ。

 

これって、「バーバラと心の巨人」とは、全く逆のパターン

主人公が読んでいる”本の世界”に引きづり込まれそうになるんだけど、主人公は逆に”これは”本の中の話だ、現実じゃない!”ってなかなか認めないんだよね。

どちらもファンタジーなんだけど、描き方が逆なのがなんとなく面白いなと感じました。

 

-ほのぼの, 癒し, 面白さ ★★★☆☆, ドラマ, 社会派, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」

この映画を見て、まず何を驚いたかというと、”メイズ”が出てこないこと。 タイトルの「メイズ・ランナー2」は、単に、”メイズ・ランナーの続編”という意味なだけです。 これは、まず、タイトルに問題があるの …

「メン・イン・ブラック : インターナショナル」前作とは趣きが変わり面白い!

実は、前作のトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスの「メン イン ブラック」は、まぁ、面白いとは思ったけど、はっきり言って、主演二人の漫才で、SFアクションというよりは、コメディの要素が強かった。 …

「ラプチャー ~破裂~」うーん、微妙だ。

うーん、面白いのか、つまらないのか微妙な映画だった。 告知やポスターなんかを見ると「SAW」の雰囲気をかもし出していて、”恐い映画”と思っていたんだよね。 拉致されたシングルマザーをジワジワといたぶる …

「ライオンキング(実写のようなアニメ版)」映像はスゴイが・・・。

「アラジン(実写版)」に続き、ディズニー作品のコチラを見てきました。「ライオンキング」を実写風のアニメでリメイクした作品です。どうだったか? 映像は確かにスゴイです。オープニングは、アニメ版とほぼ同じ …

「エクス・マキナ」文句なし、面白い!

まず、ビジュアルがスゴイ! 美しいのに不気味、そんなAI エヴァがすごすぎる! その動きも、人間なのか?機械なのか? 妙に惹きつけられる機械っぽさが残る仕草には、特殊な魅力があると思います。 登場する …