ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

製作者の独りよがり 面白さ ★★★☆☆ つまらない映画 ドラマ 洋画

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

投稿日:

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。

というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」という映画をみた事があったんだけど、これがなんというか”なんじゃこれ?”というような映画。

映画の大部分は、オッサンと不良女子の痴話話でダラダラと進行。
それこそ最後の最後で事件が起こって終わり・・・

あの長~い前振りは何だったのか?
マジ眠かった。

今回の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」も”ラスト13分”以外が気になった。
面白くなかった場合、眠らないようにしないとね。

で、結果どうだったか?

「デス・プルーフ in グラインドハウス」 と大差なし!!

ラスト13分までは、タラタラと登場人物の背景などを説明するようなストーリーばかりが延々と続く。

起承転結で言えば、”起”の部分が延々と続く感じ。

そろそろ見飽きた頃に事件が起きて終わる・・・って、本当に13分だけだよ!!

まぁ、今回は、ハリウッドの裏側というか、”こんなもんなんだろうな”というのがいろいろ出てきて、それは楽しめたかな。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの共演というのも良かった。
この2人の演技で持ってる映画だねぇ。

キャスティングを楽しむのが、この映画の楽しみ方か?

しかし、「映画史を変える」っていうサブタイトルもどうかね?
何がどう変わったってんだろうねぇ???

ビデオがあれば、飛ばしてみたくなるような映画だね。
本当に13分の映画にすれば良かったのに・・・・。

-製作者の独りよがり, 面白さ ★★★☆☆, つまらない映画, ドラマ, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」面白いのはオープニングだけ!

これは期待が大きかっただけに、かなりガッカリな映画でした。 タイトルにも書きましたが、”面白い”と思ったのは、オープニングのグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げるところだけ・・・うーん。 まず、 …

「メッセージ」社会性ありだけど、なかなか面白い!

人類と異星人とのファースト・コンタクトを描く映画です。 異星人が伝えるメッセージを解読する。 その目的は、「異星人は何のために地球に来たのか?」これを知るためです。 得てして、この手の社会性を追求する …

「未来のミライ」残念!!

「君の名は、」で、感動した後だけに、かなり期待して見に行ったのが悪かったのか?・・・んー、イマイチな結果だった。 正直、前半はかなり眠かった・・・。 なんといっても、全体に”まったり”としたスピード感 …

リバー・ランズ・スルー・イット

映画を見終わった感想は、正直”これだけ?”でした。 とにかく、ダラダラと続くストーリーが退屈で、中止しているのが苦痛でした。 なんか観客に言いたいことや伝えたいことあるのかもしれないが、見ているのが苦 …

「バーバラと心の巨人」タイトルでネタバラし?

うーん、まず、いつものようにタイトルがマズイと思う。 「巨人とは?」というのがこの映画の見所なのに、”心の”では、見る前からそのように見てしまうよね。 「バーバラと巨人」で何故いけなかったのか? でも …