ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 面白さ ★★★★★ アクション 戦争

『ランボー ラスト・ブラッド』面白いのは面白い!

投稿日:

ランボーのシリーズは、1は、当然、”新しいスタイルの映画”と言うことで絶賛!

2は、さらにパワーアップして、スピーディで面白かった。

ただ、この辺りがピークで、序所にスタローンのパワーがなくなってきたのか、前作を上回る出来とは言えない作品ばかりでした。

「ランボー 最後の戦場」は、マジで、”これだけ?”というような内容。

ただただ「ランボーは強い」というような印象だった。

溜め込んだ怒りが爆発!

ランボー・シリーズの醍醐味は、虐げられて、追い込まれて、我慢の限界を超えて爆発!という展開にある。

前半、「これでもか!」ってぐらいにやられて怒り爆発!
逆襲を開始!というパターンだ。

今回もそのパターンで、コテンパンにやられたランボーが、怒りを相手にぶつけて全滅させてしまうまでのストーリーだ。

老いてなお強いランボー

前作の「最後の戦場」は、”なんじゃこりゃ?”という出来だったので、今回は絶対気合が入って作られているという期待があった。

なぜなら、シリーズ物の割には、前作から時間が経ってるから。

ここでコケたらカッコ悪いよねぇ。

全盛期のランボーを思わせる仕掛けと数々の武器

これぞランボーという野戦を仕掛けるランボーは正に爽快!

束になって襲ってくる敵をバッタバッタとやっつける。

その方法や武器は、かつてのランボーファンが見たら涙物の戦法で、手に汗握る展開が良かった。

かつての映像とオーバーラップさせるなど、演出もファンならたまらないものだったでしょう。

率直に言って、面白い映画だと思います。

リアリティを追求する良し?悪し?

それでもやはり、最新の製造技術を使っている映画です。

殺し方もハンパないけど、殺された方がかなり悲惨。
かなりリアルな映像で、はっきり言って”グロイ”絵になってます。

しかしR指定があるのは、これだけじゃない。

悪人の方も、かなり悪いんですよね。

恐らくは、ランボーの悲しみを演出したかったと思うんですが、悪者の悪さがハンパないんですよ。

どこまでが”リアル世界”と同じなのか似ているのか、想像するしかないんですけど、あれではメキシコはメチャメチャな国としか思えません。

本当にあんなに酷いんだったら世界は何をやっているんだろう?という感じです。

ランボーじゃなくても怒り心頭です。
はっきり言って気分が悪くなりました。

こりゃもう、なんと言っていいのか判りません!

-戦闘アクション, 面白さ ★★★★★, アクション, 戦争

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『ジョジョ・ラビット』良かった!晴れ晴れ!!

”お涙ちょうだい”系の映画は苦手だったんだけど、これは評判が良いので見に行った。 いわゆる「ホロコースト」を題材にした映画と言って良いだろう。 ドイツ人の市民側から見た戦争という視点が面白い! 一般的 …

「ザ・プレデター」エイリアンに次ぐ人気シリーズに成長か?

この手の映画は徐々にネタが尽きてくるものですが、なかなか続きますねぇ。 元々は、アーノルド・シュワルツネッガーとの肉弾戦が見物の映画で、宇宙人で、SFでってのは”オマケ”の要素だった。 最近は、人類V …

「アラジン(実写版)」良かった!泣けた!!

ヒットしたアニメを後に実写でリメイクして意味があるのか?僕は”ある”と思う。 「美女と野獣」もアニメと実写、両方見たけど、やっぱりどっちも良かったなぁ。 今、実写で撮りなおす意義と言えば、やはり映像技 …

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 予想外!面白かった!!

事実上の「アベンジャーズ・エンドゲーム」の続編だね。亡きトニースタークの後をスパイダーマンが受け継ぐか?ってのがテーマだ。 実は、「アベンジャーズ・エンドゲーム」もそうだけど、最近のマーベル作品には、 …

空海-KU-KAI-美しき王妃の謎

ネットでは散々酷評されているようですが、僕は正直面白かったです。 確かに、ストーリー単純、突っ込みどころ満載の内容なのですが、中国映画は”この手”の映画は普通で、そういう事をスルーすれば、普通にエンタ …