ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

細田守 面白さ ★★★☆☆ アニメ

『竜とそばかすの姫』うーん、絵は綺麗だけど・・・

投稿日:

絵は綺麗なんですけどね。
デジタルワールドをうまく表現んしているとは思うんだけど・・・

素直に面白いか?って聞かれると、まぁまぁですね。

竜とそばかすの姫

いちいち「他の何か」に似ている

なんだか、全体的に他の映画を組み合わせたような感じなんですよね。

絵もそうだけど、設定とかストーリーとか・・・

設定は、ほぼほぼ「マトリックス」だよねぇ。

”もう一つの世界”という意味では、ほぼほぼ同じ。
しかも主人公は、普段は平凡なのに”もう一つの世界”の中では特殊な能力を持っていて、ある日それが覚醒するって・・・なんか似てるし。

ストーリーは、その”もう一つの世界”で人を捜すって、それ、「君の名は」じゃない?

で、「君の名は」の場合は、”もう一つの世界”に最後、オチがあるんだけど、これが、「竜とそばかすの姫」にはないんだよなぁ。

そのまんま・・・起承転結の”転”が無い。
いや、”転”はあるんだろうけどね、弱いんだよなぁ。

で、竜と、そばかすの姫の関係なんだけど、これも見ているうちに”何かに似ている”ってずっと感じてたんだよね。

で、終盤で、竜とそばかすの姫が躍っているシーンをみて、”なるほど、これは「美女と野獣」なんだと気が付いた。

後から、「美女と野獣」のオマージュという話を聞いたけど、全体的に何かに似ている状態では、素直に受け入れられない。

絵が綺麗ならばアニメとしてOKなのか?

確かに最近のアニメは絵が綺麗になって、これを楽しむのもアリだとは思う。

この作品に関しても絵が綺麗なのは特筆できるとは思う・・・けど、

やっぱ映画なんだから、ストーリーも大事でしょ。

見ている人が、”そうだったのか!”と驚くような仕掛けが欲しい。
だらだらと綺麗な絵を見せられるのはいかがなものか?

細田さんの作品では、先日「未来のミライ」を見たんだけど、これも”なんじゃこりゃ?”のような作品だった。
これって唯一印象に残ったのは「ちょっとオシャレで風変りな戸建て住宅」と「未来の東京駅」だけだったなぁ。

やっぱ、もう少し設定やストーリーを練って欲しいなぁ。

似たような設定だけど、「フリーガイ」は断然面白い!

最近、”もう一つの世界”って感じの映画は増えてるよね。
なんか、皆さん実在の世界では疲れて”もう一つの世界”に逃避したくなっちゃったのかな?

それはともかく、こういうパラレルワールド的な映画の中では、絶賛に値するほど面白かったのが、「フリーガイ」だな。

ほぼほぼ設定は「竜とそばかすの姫」と同じ。
人(キャラクター)を捜すってところも同じ。

なんだけど、オチが全く違う!!

”へーそうだったのか”、”そうなるのか!!”、”この先どうなっちゃうんだろ?”の連発で、最後までハラハラ・ドキドキです。

少し、見習ったらどうかと思う。

-細田守, 面白さ ★★★☆☆, アニメ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「オープン・ウォーター」ジワジワと恐い映画

見る前から、”本当に面白いのか?”って、ちょっと心配になってたんだけど、自分もスキューバ・ダイビングはやるので、”見ておかなきゃ”という感じで見てみたんだけど・・・。 心配ってのは、二人のダイバーが海 …

「ライオンキング(実写のようなアニメ版)」映像はスゴイが・・・。

「アラジン(実写版)」に続き、ディズニー作品のコチラを見てきました。「ライオンキング」を実写風のアニメでリメイクした作品です。どうだったか? 映像は確かにスゴイです。オープニングは、アニメ版とほぼ同じ …

「オーヴァ―ロード」ゾンビ物の中では面白い方だ

まず、数あるゾンビ物の中では、けっこう面白い映画だったと思う。 戦争映画とゾンビを組み合わせるという映画はけっこうあるんだけど、その中でも”戦争”の方に重点が置かれていて、ゾンビがエッセンス的に出てき …

空海-KU-KAI-美しき王妃の謎

ネットでは散々酷評されているようですが、僕は正直面白かったです。 確かに、ストーリー単純、突っ込みどころ満載の内容なのですが、中国映画は”この手”の映画は普通で、そういう事をスルーすれば、普通にエンタ …

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。 というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」 …