ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

細田守 面白さ ★★★☆☆ アニメ

『竜とそばかすの姫』うーん、絵は綺麗だけど・・・

投稿日:

絵は綺麗なんですけどね。
デジタルワールドをうまく表現んしているとは思うんだけど・・・

素直に面白いか?って聞かれると、まぁまぁですね。

竜とそばかすの姫

いちいち「他の何か」に似ている

なんだか、全体的に他の映画を組み合わせたような感じなんですよね。

絵もそうだけど、設定とかストーリーとか・・・

設定は、ほぼほぼ「マトリックス」だよねぇ。

”もう一つの世界”という意味では、ほぼほぼ同じ。
しかも主人公は、普段は平凡なのに”もう一つの世界”の中では特殊な能力を持っていて、ある日それが覚醒するって・・・なんか似てるし。

ストーリーは、その”もう一つの世界”で人を捜すって、それ、「君の名は」じゃない?

で、「君の名は」の場合は、”もう一つの世界”に最後、オチがあるんだけど、これが、「竜とそばかすの姫」にはないんだよなぁ。

そのまんま・・・起承転結の”転”が無い。
いや、”転”はあるんだろうけどね、弱いんだよなぁ。

で、竜と、そばかすの姫の関係なんだけど、これも見ているうちに”何かに似ている”ってずっと感じてたんだよね。

で、終盤で、竜とそばかすの姫が躍っているシーンをみて、”なるほど、これは「美女と野獣」なんだと気が付いた。

後から、「美女と野獣」のオマージュという話を聞いたけど、全体的に何かに似ている状態では、素直に受け入れられない。

絵が綺麗ならばアニメとしてOKなのか?

確かに最近のアニメは絵が綺麗になって、これを楽しむのもアリだとは思う。

この作品に関しても絵が綺麗なのは特筆できるとは思う・・・けど、

やっぱ映画なんだから、ストーリーも大事でしょ。

見ている人が、”そうだったのか!”と驚くような仕掛けが欲しい。
だらだらと綺麗な絵を見せられるのはいかがなものか?

細田さんの作品では、先日「未来のミライ」を見たんだけど、これも”なんじゃこりゃ?”のような作品だった。
これって唯一印象に残ったのは「ちょっとオシャレで風変りな戸建て住宅」と「未来の東京駅」だけだったなぁ。

やっぱ、もう少し設定やストーリーを練って欲しいなぁ。

似たような設定だけど、「フリーガイ」は断然面白い!

最近、”もう一つの世界”って感じの映画は増えてるよね。
なんか、皆さん実在の世界では疲れて”もう一つの世界”に逃避したくなっちゃったのかな?

それはともかく、こういうパラレルワールド的な映画の中では、絶賛に値するほど面白かったのが、「フリーガイ」だな。

ほぼほぼ設定は「竜とそばかすの姫」と同じ。
人(キャラクター)を捜すってところも同じ。

なんだけど、オチが全く違う!!

”へーそうだったのか”、”そうなるのか!!”、”この先どうなっちゃうんだろ?”の連発で、最後までハラハラ・ドキドキです。

少し、見習ったらどうかと思う。

-細田守, 面白さ ★★★☆☆, アニメ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」面白のは前半の方

「ジュラシック・パーク」のシリーズで、5番目の公開作品になりますね。 前作「ジュラシック・ワールド」の続編という事ですが、どっちが面白いか?と聞かれると、個人的には前作の「ジュラシック・ワールド」の方 …

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。 というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」 …

「ライオンキング(実写のようなアニメ版)」映像はスゴイが・・・。

「アラジン(実写版)」に続き、ディズニー作品のコチラを見てきました。「ライオンキング」を実写風のアニメでリメイクした作品です。どうだったか? 映像は確かにスゴイです。オープニングは、アニメ版とほぼ同じ …

「カメラを止めるな!」面白い!が注意は必要!

低予算のインディペンデント映画、いわゆるB級映画なのに大ヒット! 余計なワイドショーネタまで披露して、社会現象まで巻き起こしているのが「カメラを止めるな!」です。 「面白い」「今年最高!」の声を聞く反 …

私は確信する

『私は確信する』うーん、ちょっと煮え切らないなぁ

全体的には面白いんだけど・・ なんだか、”これで終わり?”的な映画でした。 煮え切らないんですよねぇ。 ”裁判もの”の映画って、弁護士と判事の息詰まる攻防とか、新証拠の発見で大逆転とかあるじゃないです …