ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 迫力の映像 面白さ ★★★★☆ 意外に面白い SF アクション

『マトリックス レザレクションズ』素直に面白いけどなぁ。

投稿日:

普通に素直に面白いけどなぁ。

この映画に関しては、「マトリックス」のが好きな人ほど受け入れられないという特性があるようだ。
”面白い”、”つまらない”の話題が出てくるとそんな印象を受ける。

正直言って、映画の宣伝を見た限りでは”マトリックス・シリーズのスピンオフ”なんだと思っていた。(そう思っていた人は割と多いみたい)

ところがどっこい、中身はシリーズ3作目「マトリックス・レボリューションズ」の続編で間違いない。

したがってこの映画を理解するためには、前3作を見ておかなければ話にならないわけだ。

なのに前述のように「マトリックス」が好きでたまらない!なんて人には不評なんだな。
なぜか?

これは自分自身も感じたことだけど、「マトリックス・レボリューションズ」があまりにも劇的な終わり方なので、なんだか”え?こうなるの???」とちょっと拍子抜けの部分があるんだな。

ここは作ってる方も無理があることが理解しているみたいにいろんな言い回しが出てくんだけどこれが理屈っぽいというかグダグダなのでかえって話がややこしくなってしまっている。
もはや常人には理解不能なんじゃなかろうか?

これまでのストーリーを理解している人には厳しい展開なのか?

では特に「マトリックス」のファンってわけではない人が見た場合はどうなのか?

これはなかなか面白いのではないかと思う。

例によってマトリックスの世界と現実の世界が入り混じっていて、どっちがどっちが判らない状態だ。
なんだけど、これを深く考えず単純に”綺麗な方がマトリックス”、”汚い方が現実”とシンプルに考えて楽しめばけっこう面白い。

割と凝った脚本でマトリックスと現実の世界を行ったり来たりとなかなか面白いと思った。

そうそう、「マトリックス」のファンって人は、ネオやトリニティの真っ黒ファッションとアクションが大好きでそれを期待している人が多いんですよね。
そこが裏切られるかもしれない。

今回は、ネオがそういう能力を失っていて徐々に取り戻していく・・・とまぁ、1作目に近いストーリーなんだよね。
なので、ネオがそういう状態になるのは割と最後の方なんだなぁ。

これがまたファンをがっかりさせているところだと思う。

それでも「マトリックス」は続くのか?

という事で評価は分かれる今回の『マトリックス レザレクションズ』だけど、エンディングを見る限りではまだまだ続きそうだ。
エンドロールの後にもそういう振りがあるので最後の最後まで席を立たないようにしてくださいね。

次は、真っ黒ファッションでのアクション・シーンが期待できますよ。

-戦闘アクション, 迫力の映像, 面白さ ★★★★☆, 意外に面白い, SF, アクション
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

「ライフ」リアリティはスゴイが・・

「ライフ」という映画は、ベン・スティラー が監督・主演の「LIFE!」という”人生の旅”みたいな映画もありますが、今回、紹介するのは、地球外生命体と闘う宇宙飛行士の話しです。 面白いか?と聞かれると、 …

「ラプチャー ~破裂~」うーん、微妙だ。

うーん、面白いのか、つまらないのか微妙な映画だった。 告知やポスターなんかを見ると「SAW」の雰囲気をかもし出していて、”恐い映画”と思っていたんだよね。 拉致されたシングルマザーをジワジワといたぶる …

「ハリエット」お涙でない。”闘う映画”で痛快な結末が待っている。

正直言って、コロナ禍の中、公開される映画が少なくて、”消去法”で見に行った映画。 全然期待していなかったのは、”お涙頂戴”の映画が嫌いって、それだけなんです。 予告編を見た感想は、「黒人女性が奴隷生活 …

「オーヴァ―ロード」ゾンビ物の中では面白い方だ

まず、数あるゾンビ物の中では、けっこう面白い映画だったと思う。 戦争映画とゾンビを組み合わせるという映画はけっこうあるんだけど、その中でも”戦争”の方に重点が置かれていて、ゾンビがエッセンス的に出てき …

「ホテル ムンバイ」面白い!良かった!

「「ロケット マン」」、「アド アストラ」と、ちょっと不完全燃焼が続いたんだけど、これで吹っ飛びました。良かったです。 現実に起こったテロ事件という事で正直、見ているとかなり恐かったです。 「本当にテ …