ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション スプラッター 迫力の映像 面白さ ★★★★☆ グロテスク 脅かし系 アクション オカルト 洋画

「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」

投稿日:

この映画を見て、まず何を驚いたかというと、”メイズ”が出てこないこと。

タイトルの「メイズ・ランナー2」は、単に、”メイズ・ランナーの続編”という意味なだけです。
これは、まず、タイトルに問題があるのでは?

「元 メイズ・ランナー」とかが、しっくりきますね。(汗)

で、中身なんですが、

前作に続き、逃げて、逃げて、逃げまくります!
”ランナー”の部分は、タイトル通りですね。

で、何から逃げるかと言うと、前作で「メイズ」を作ったとされる「WCKD(これが敵か?)」そして、バイオハザードに出てくるようなゾンビ、さらには、味方か?敵か判らない?組織からも逃げまくります!

ストーリー的には、「メイズ・ランナー」から続いているんですが、映画の内容は、全く違うことを念頭に見るべきでしょうね。

迷路を期待すると、”なんだこれは?”になってしまうと思います。

では、どんな映画か?というと、前述のように、「バイオ・ハザード」が近いですね。

人が謎の病原体「フレア・ウィルス」に犯されると、ゾンビになってしまう、という設定は全く同じです。

ただ、悪役の「WCKD」は、単にランナーを苛めているのではなくて、病気を治す方法を研究する機関ということなんです。

バイオ・ハザードが、善悪がはっきりしているのと、そこが違います。

おかげで、誰が正しくて、どんな裏切りがあるのか、話がややこしくなっていて、それもこの映画の魅力になっています。

劇中でも、「WCKD」は、ランナー達を”生け捕り”にしようとするのですが、ランナーが逃げ込んだ組織では、「WCKD」の職員を銃で撃ちまくるんですよね。
こういうシーンも善悪を判り難くしているんです。

果たして、善悪はどっち?「フレア・ウィルス」を治せる新薬は開発されるのか?

これは、「メイズ・ランナー3」に引き継がれるんですよねぇ。

ちょっとだけ、「3」の話を書くと、

「2」までは、逃げて逃げて逃げまくり、その過程で徐々に謎が解けているという感じだったのですが、「3」は一転、反撃をしかけます。

間違いなく、「3」の方が面白いんですが、さらに楽しむために、「1」、「2」で予習をされることをお勧めします。

シリーズ1作目:メイズ・ランナー (当サイトのリンクです)

シリーズの再終話 メイズ・ランナー3 最期の迷宮(当サイトのリンクです)

-戦闘アクション, スプラッター, 迫力の映像, 面白さ ★★★★☆, グロテスク, 脅かし系, アクション, オカルト, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

『アトミック・ブロンド』面白い!爽快!加えて、”えー?!”

「スキャンダル」を見て、シャーリーズ・セロンの映画を見たくなった。 なんか、「スキャンダル」がイマイチだったんだよねぇ。 聡明な美人キャスターって役所も悪くないけど、やっぱりアクションの方がカッコいい …

「バーバラと心の巨人」タイトルでネタバラし?

うーん、まず、いつものようにタイトルがマズイと思う。 「巨人とは?」というのがこの映画の見所なのに、”心の”では、見る前からそのように見てしまうよね。 「バーバラと巨人」で何故いけなかったのか? でも …

「ヴェノム」面白いじゃないか!

「ヴェノム」と言えば、僕なんかは「スパイダーマン3」で登場したのが印象的だったんだけど、本作は、そんな事とは関係なく重い白いですね。 人間に寄生するというアイディアは自体はよくある手法ですが、特撮を絡 …

「アラジン(実写版)」良かった!泣けた!!

ヒットしたアニメを後に実写でリメイクして意味があるのか?僕は”ある”と思う。 「美女と野獣」もアニメと実写、両方見たけど、やっぱりどっちも良かったなぁ。 今、実写で撮りなおす意義と言えば、やはり映像技 …

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」面白のは前半の方

「ジュラシック・パーク」のシリーズで、5番目の公開作品になりますね。 前作「ジュラシック・ワールド」の続編という事ですが、どっちが面白いか?と聞かれると、個人的には前作の「ジュラシック・ワールド」の方 …