ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

たいくつ 面白さ ★★★☆☆ つまらない映画 社会派 洋画

フロントランナー

投稿日:2019年2月2日 更新日:

うーん、”政治家の不倫スキャンダル”と聞いて、今の米政権を思い起こしたので、”まぁ面白かろう”と思って見てみたんだけど・・・、

うーん、テンポがなぁ・・・。

メディアのスタッフが議論するシーンがちょっとウザイし、またこれが多いんだよなぁ。

そもそも冒頭の”4年前の落選の話”は不要なんじゃなかろうか?

本題に入るまでが長過ぎ!!

社会性を追求したかったんだとは思うんだけど、もう少し、ハラハラ・ドキドキのシーンを織り込まないと、見ている人を退屈にさせちゃうよね。

まぁ、「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のように眠くならなかったのがせめてもの救いか?

この救いは、やっぱり「ヒュー・ジャックマン」のカッコよさだよねぇ。
「ウルバリン」も良いけど、素顔もなかなかのイケメンだ。

あと、若い黒人の記者が葛藤しつつも大統領候補を追い詰めていく過程かな。

あの役所は、ちょっと光ってたな。

という事で、感想としては・・・
本作品がどうこうよりも、「ウルヴァリン」を見たくなってしまった。

気分治しってところかなぁ。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

ウルヴァリン誕生と、X-MENの「恵まれし子らの学園」の秘話が出てくる物語。

”おお~! そうだったのかぁ”なシーンがたくさんある映画。

ウルヴァリン:サムライ

日本を舞台にウルヴァリンが活躍する物語。

アメリカ人がイメージする日本ってのは、こんなもんだろうな。と思わせてくれる作品。

なかなか面白いし、日本人としては嬉しいシーンがたくさん出てくるんですが、X-MENとの関連性は薄いです。
エンディングに出てくるシーンぐらいかなぁ。

-たいくつ, 面白さ ★★★☆☆, つまらない映画, 社会派, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

『パラサイト 半地下の家族』重いなぁ・・・という映画

「ジョーカー」に続きメチャ暗い映画だった。 予告を見た感じでは、コメディタッチの世の風刺作品かと思っていたら、けっこうとんでもない結末になってしまう社会派の映画ですね。 まぁ、韓国も他の先進国と変わら …

『ジョジョ・ラビット』良かった!晴れ晴れ!!

”お涙ちょうだい”系の映画は苦手だったんだけど、これは評判が良いので見に行った。 いわゆる「ホロコースト」を題材にした映画と言って良いだろう。 ドイツ人の市民側から見た戦争という視点が面白い! 一般的 …

『決算!忠臣蔵』面白い!良かった!

意外に面白い! いやもう、全然ノーチェックの映画で見に行くつもりは全くなかったんだけど、知り合いが「面白かった」というので、”騙されたふり”で見に行ったところ・・・意外や意外!面白かった!良かった!! …

「くるみ割り人形と秘密の王国」は子供向けの映画かな。

うーん、もう少し、ハラハラ・ドキドキを期待していたんだけど、残念! これは子供向けの映画ですね。 恐い映像も脅かしも一切なし! 安心してお子様と一緒にごらんください。笑! まぁ、バレエですよね、これは …

「アントマン」まぁまぁかな。

うーん、面白いのは面白いんだけど、マーベルの他のシリーズと比較するとパワー不足なのは否めない。 なぜって、多分”小さいから”だと思うんだよね。 小さくなって、”おー!”って思うのは、最初のバスタブのシ …