ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★★☆ 社会派

『パラサイト 半地下の家族』重いなぁ・・・という映画

投稿日:

ジョーカー」に続きメチャ暗い映画だった。

予告を見た感じでは、コメディタッチの世の風刺作品かと思っていたら、けっこうとんでもない結末になってしまう社会派の映画ですね。

まぁ、韓国も他の先進国と変わらず深刻な格差社会ってことかな。

その描き方も極端なんだよねぇ。
洪水で被災する中、何事も無かったように庭でキャンプする人もいる。

やはり、格差が広がり過ぎると、何かしら歪が出てくるものなのか???

金持ちは優しく貧乏人は犯罪に走る

とにかく、この映画に出てくる金持ち一家の人は優しいんだよね。
さらに、人を信じやすく疑う事がない、正に”良い人”だ。

そして、この一家に、寄生(パラサイト)する詐欺師一家。

お金があれば優しくなれるし、無ければ悪に走るしかない。
まるで貧乏人は犯罪者になるしかないような描き方がいよいよ深刻な社会を映しているようだ。

映画を見れば、金持ちになれないにしても、貧乏暮しはマズイよなぁって思ってしまう。

映画としてもまぁまぁ面白い

面白いのは、詐欺師一家が豪邸へのパラサイトに成功したあたりから。
追い出した家政婦が戻ってきてストーリーが急展開する。

このどんでん返しが次々にテンポよく出てくるので、”これってどうなるの?”となかなか面白い。

もちろん、詐欺師一家は悪人なんだけど、なんとなく応援したくなってしまうドキドキ感が良かった。

最後は、え?これで終わり??・・・”と思わせておいて”のエンディングでこれまた良かった。

一貫して暗い映画だけど、「ジョーカー」もそんな感じだったし、まぁ面白かった。

賞を取る映画でも楽しめるようになってきた

この映画は、韓国映画としては珍しく、いろんな賞を受賞しているらしい。

まぁ、社会性のある映画ってのは賞狙いなんだろう。

なんだけど、最近は普通に娯楽として楽しめる映画も受賞するようになってきたような気がする。

以前は、”受賞狙いの映画はつまらない”と思っていたし、現実そんな感じだったけど、これは好ましい傾向だと思うなぁ。

似たような映画では、日本の「万引き家族」が似てるなぁ。
こっちもかなり深刻な映画だったけどねぇ。

 

-面白さ ★★★★☆, 社会派

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」

この映画を見て、まず何を驚いたかというと、”メイズ”が出てこないこと。 タイトルの「メイズ・ランナー2」は、単に、”メイズ・ランナーの続編”という意味なだけです。 これは、まず、タイトルに問題があるの …

「オーヴァ―ロード」ゾンビ物の中では面白い方だ

まず、数あるゾンビ物の中では、けっこう面白い映画だったと思う。 戦争映画とゾンビを組み合わせるという映画はけっこうあるんだけど、その中でも”戦争”の方に重点が置かれていて、ゾンビがエッセンス的に出てき …

ゴーストバスターズ/アフターライフ

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』 コメディを期待したんだけどな・・・

もう少しコメディタッチでも良かったのでは? どうも、前作を見ているとそちらに引っ張られていてどうも要らないイメージの刷り込みがあるんだなぁ。 正直言ってゴーストバスターズ=コメディ という刷り込みがあ …

『1917 命をかけた伝令』ワンカットばかり強調されているが・・・。

ワンカットでなくても十分面白い映画 この映画、”ワンカット”がやたら強調されて、逆に面白さが伝わってないような気がする。 一言で言えば、”別にワンカットでなくても十分面白い”という事だ。 自分自身は、 …

「ホテル ムンバイ」面白い!良かった!

「「ロケット マン」」、「アド アストラ」と、ちょっと不完全燃焼が続いたんだけど、これで吹っ飛びました。良かったです。 現実に起こったテロ事件という事で正直、見ているとかなり恐かったです。 「本当にテ …