ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★★☆ 癒し 感動 意外に面白い ドラマ 音楽

『サヨナラまでの30分』良かった!泣けた!!

投稿日:

これは意外だった!良かったし泣けた!!

和製版の「ゴースト~ニューヨークの幻」と言って良い映画だと思う。

たまたま時間が合ったので、飛び込みで見たんだけど、いやいや、なかなか良い映画だった。

死んだ人がこの世に蘇って人を助けるという設定は正に「ゴースト」。

見える人と見えない人がいて、見える人を通じて見えない人も”その存在に気付く”ってところも似ている。

だけど、”「ゴースト」を越えたな”と思わせる部分もあった。

それは、見える人ってのが、いわゆる”引きこもりに近い落ちこぼれ”のショボイ男子なんだよね。

その彼が見事に立ち上がっていくところ、死んだ彼の彼女も彼に惹かれて立ち上がっていく。

「ゴースト」は残された彼女のためにゴーストがこの世に復活するって内容だったけど、「サヨナラまでの30分」は、残された彼女だけでなく、落ちこぼれ少年や、解散したバンドまで復活させるんだから内容が濃い!

いや、ラストも号泣だったけど、間でも泣けるシーンがたくさんあったよ。

バンドってところがまた良い

交通事故で死んでしまったアキがボーカルを務めていたバンドは、彼が亡くなったことをきっかけに解散してしまうんだよね。

これを、ショボイ落ちこぼれ少年 颯太が再結成に導いていくんだけど、このバンド「ECHOLL」がまた良いんだよね。

ストーリーの間に入ってくる曲が素晴らしい!泣ける!

この音楽と映像の融合がまた素晴らしい!

バンドって良いな。仲間って良いなって、思えてくるんだよね。

最後の最後で”夢を叶える”ってシーンがまた泣けてくる・・

ゴーストとは違うハッピーエンド!

「ゴースト」の場合は、彼女を助けた幽霊が最後は天国に登って行く。
この時、彼女は、死んだ彼に最後の別れをするんだけど「サヨナラまでの30分」はちょっと違う。

この手の映画は、死んだ人が蘇っても最後はちゃんと天国に行くのはお決まりだ。

そこは、同じなんだけど、この映画はあくまでも”ハッピーエンド”なんだ。
夢や希望に満ちたエンディング。

いやぁ、久々に良い映画だったなぁ。

-面白さ ★★★★☆, 癒し, 感動, 意外に面白い, ドラマ, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

『マトリックス レザレクションズ』素直に面白いけどなぁ。

普通に素直に面白いけどなぁ。 この映画に関しては、「マトリックス」のが好きな人ほど受け入れられないという特性があるようだ。 ”面白い”、”つまらない”の話題が出てくるとそんな印象を受ける。 正直言って …

「バーバラと心の巨人」タイトルでネタバラし?

うーん、まず、いつものようにタイトルがマズイと思う。 「巨人とは?」というのがこの映画の見所なのに、”心の”では、見る前からそのように見てしまうよね。 「バーバラと巨人」で何故いけなかったのか? でも …

『1917 命をかけた伝令』ワンカットばかり強調されているが・・・。

ワンカットでなくても十分面白い映画 この映画、”ワンカット”がやたら強調されて、逆に面白さが伝わってないような気がする。 一言で言えば、”別にワンカットでなくても十分面白い”という事だ。 自分自身は、 …

「メッセージ」社会性ありだけど、なかなか面白い!

人類と異星人とのファースト・コンタクトを描く映画です。 異星人が伝えるメッセージを解読する。 その目的は、「異星人は何のために地球に来たのか?」これを知るためです。 得てして、この手の社会性を追求する …

「アナと雪の女王2」評価は高いが、個人的には・・・

「アナと雪の女王2」に期待しすぎたかも? 実は、「アナと雪の女王」で、相当に感動して、かなり涙ももらったので、今回の続編はかなり期待していた。 ”前作より泣ける”という話もあったので、その時のための” …