ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

迫力の映像 戦闘アクション SF アクション マーベル

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』まぁまぁ面白かったぞ!

投稿日:

マーベルも少し原点に戻ったか?

アベンジャーズからエターナルズまでのマーベルは本当に酷かった。
あまりにも規模が大きく壮大になり過ぎでストーリーに一貫性はないはリアリティはないわでメチャメチャやん!と思ってました。

しかし今回のブラックパンサーに関しては焦点がしっかりブラックパンサーとタイトル通り「ワカンダ」にスポットがあっていて良かったと思う。

強すぎず弱すぎず、丁度よいヒーローと敵のバランス

アベンジャーズの何がマズイかって、いろいろあるけど、敵も味方も入り乱れて何がなんだか判らなくなっているのも一つある。
とにかくたくさんの人というかキャラクターが入り乱れて戦うのは”絵としては面白い”んだけど、漠然とスクリーンを眺めるような感じになって、”ハラハラ・ドキドキ”感が薄れてしまっているような気がするんだよね。

ブラックパンサー

ブラックパンサーが地味ってわけじゃないけど、とにかく話が飛びまくることもないし、ストーリーも単純で判りやすい(先が読めてしまうのは良くないと思うけど)のも好感が持てる。

あとは、一発逆転で大どんでん返し!とか、細かい仕込みをたくさん作っておいてエンディングで”そうだったのか!”感をどんどん演出してくれればもっと良かったと思う。

とりあえず、今回のブラックパンサー ワカンダフォーエバーは、マーベル原点回帰に成功していると思うので、満点とはいかないが、まぁ面白かった方だと思うしお勧めできる映画になっている。

次はアントマンが出てく来るようだけど、予告編を見ると、地味に戦うのではなく、どうも異世界で戦うのではないかと予想できる。

スパイダーマンとドクター・ストレンジのコラボでワケが判らなくなるのと同じような事にならない事を祈る!

-迫力の映像, 戦闘アクション, SF, アクション, マーベル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

『TENET テネット』まぁ、面白いが”何でもアリ”やな

うーん、「テネット」を見た率直な感想は”なんじゃこれは?”ですね。 さすがクリストファー・ノーラン。 判ってやってるんですねぇ。 まぁ、気持ちは判るが、あまりに複雑なストーリーだと、そちらに頭を取られ …

「ザ・プレデター」エイリアンに次ぐ人気シリーズに成長か?

この手の映画は徐々にネタが尽きてくるものですが、なかなか続きますねぇ。 元々は、アーノルド・シュワルツネッガーとの肉弾戦が見物の映画で、宇宙人で、SFでってのは”オマケ”の要素だった。 最近は、人類V …

シェイプ オブ ウォーター

アカデミー賞を取るような映画は面白くない! と決め付けていますし、作品賞を受賞したということで、さっそく見に行った娘は、「面白くない!金返せ!!」と散々の酷評! さらに、ネットで検索しても、”良い”と …

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』まぁ・・・まぁ・・・かな

”最近の”マーベルにしては面白かったと思う。 やはり”より強い悪役”の登場は難しいのかな??? なんと、これまで戦ってきた悪役キャラの再出演? 普通だったら悪役の再出演とか、悪役がバージョンアップして …

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」面白いのはオープニングだけ!

これは期待が大きかっただけに、かなりガッカリな映画でした。 タイトルにも書きましたが、”面白い”と思ったのは、オープニングのグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げるところだけ・・・うーん。 まず、 …