ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

ワイヤーアクション 面白さ ★★★☆☆ アクション 中国系

空海-KU-KAI-美しき王妃の謎

投稿日:

ネットでは散々酷評されているようですが、僕は正直面白かったです。

確かに、ストーリー単純、突っ込みどころ満載の内容なのですが、中国映画は”この手”の映画は普通で、そういう事をスルーすれば、普通にエンターテイメントとして楽しめます。

逆に細かいところを突っ込む必要ないでしょ、普通に楽しめよ・・・と言いたくなる。

不評の根本的原因はタイトルにあると思う。

確かに、空海の役どころは別に空海でなくても良いし、日中合作の無理やり感がある。

タイトルは原題の「妖猫傳」(英題は「Legend Of The Demon Cat」)の方がしっくり来る内容だ。

日本語的には、「化け猫」ってところか?

ヘタに、「空海」なんてするし、しかも予告編で、空海を乗せた船が荒波の中航海するシーンが出てくるので、”歴史物”と勘違いした人が多かった。

これが不評の根源だと思う。

断言できる、この映画は、歴史と全く関係が無い!

単に、歴史上の人物を面白おかしく組み合わせただけだ。

だから、そこを楽しむ映画なんだよ。

それを、タイトルと予告編でダメにしてしまった・・・残念だ。

そもそも、中国映画のストーリーは”へ?”ってのが多い。

ストーリーを楽しむ映画ではないのだな。

長安の町や衣装、ワイヤーアクションなどを楽しめばよろしい。

そういう風に見れば、面白い映画だと思う。

似たような感じの映画はといえば、グリーン・デスティニー ― コレクターズ・エディション]とか、LOVERSとかですね。

中国映画は、エンディングが”これで終り?”って感じの映画が多いのですが、例に漏れず、どっちも似たようなものです。

-ワイヤーアクション, 面白さ ★★★☆☆, アクション, 中国系

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。 というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」 …

「ヴェノム」面白いじゃないか!

「ヴェノム」と言えば、僕なんかは「スパイダーマン3」で登場したのが印象的だったんだけど、本作は、そんな事とは関係なく重い白いですね。 人間に寄生するというアイディアは自体はよくある手法ですが、特撮を絡 …

「移動都市/モータル・エンジン」面白い!これぞ映画だ!!

久々にすっきり爽快!”これが映画だ!”と大満足の映画に当たった。 一度走り出したら止まらない!ハラハラドキドキ・・・どんでん返し!そして最後は大爆発!!これが映画=エンターテイメントの王道だよね!! …

「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」

この映画を見て、まず何を驚いたかというと、”メイズ”が出てこないこと。 タイトルの「メイズ・ランナー2」は、単に、”メイズ・ランナーの続編”という意味なだけです。 これは、まず、タイトルに問題があるの …

「ラプチャー ~破裂~」うーん、微妙だ。

うーん、面白いのか、つまらないのか微妙な映画だった。 告知やポスターなんかを見ると「SAW」の雰囲気をかもし出していて、”恐い映画”と思っていたんだよね。 拉致されたシングルマザーをジワジワといたぶる …