ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

ほのぼの 面白さ ★★★★☆ 癒し ドラマ 邦画

『みをつくし料理帖』地味だけど、しっかり面白い

投稿日:

料理と女の友情、2本柱のストーリーが面白い

洪水で親とも友人とも引き裂かれた女の子が、それぞれの苦難の道をすすみ、再会することができるか?というストーリー。

話は単純なんだけど、ヒロインが作る料理がストーリーを盛り上げてくれます。

地味で目立たない女の子がたった一つ得意とすること、それが料理。

料理は彼女の”武器”となるんです。

出演する料理の数々

料理を題材にした物語はたくさんあります。
食べ物は、人の人生に影響を与えるのでしょう。

次々と襲ってくる難題を”料理を作ること”で解決していく姿は、「人って何か一つでも秀でたものがあると幸せなれるんだよなぁ。」って、シミジミと感じます。

また、普段は大人しい・淡々と料理を作るだけの澪が、”ここぞ”という時に料理で挑む姿がとても印象に残ります。

見ているとお腹が空いてくる映画

とにかく、主人公「澪」が作る料理が美味しそうです。

筆者のように夕食前に見ると最悪にお腹が空いてきます。
なにかこう、映画を見た後には、実際に食べてみたくなる料理なんですよね。

江戸時代の風景に合った素朴な料理

実際の江戸時代の料理というか、調理場がどのような感じだったのか、よくわかりませんが、例えば、薪を使ってお湯を沸かすというだけでも大変な作業だと思うんですよね。

それを女の子一人でこなせるのか?というか、昔はやっていたんでしょうね。

なんか、そういう時代背景にも興味を持ちました。

食べ物で物事を解決する

食べ物で難題を解決するストーリーと言えば、まっさきに思いつくのが「おいしんぼ」ですよねぇ。

コンセプトは、すごく良く似ています。

また、”一芸は身を助ける”という意味では、スポーツを題材にしたストーリーが多いですよね。「ロッキー」なんか代表的でしょう。

また、印象に強く残っている”一芸”の映画と言えば、「戦場のピアニスト」ですね。

ピアノを弾けるというだけで戦場を生き抜いていく・・・そんな映画です。

まぁ、人ってそうやって生きていけるものなんでしょうね。

 

-ほのぼの, 面白さ ★★★★☆, 癒し, ドラマ, 邦画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」

この映画を見て、まず何を驚いたかというと、”メイズ”が出てこないこと。 タイトルの「メイズ・ランナー2」は、単に、”メイズ・ランナーの続編”という意味なだけです。 これは、まず、タイトルに問題があるの …

いのちの停車場

「いのちの停車場」泣ける映画ではないけど良かった。

そこまで泣ける映画ではないけど良かった。 ”泣きたい”人にはちょっと物足らないかもしれないけど、なかなか良い映画だと思いました。 タイトルがなんだか”泣かせる映画風”じゃないですか? なので、最愛の人 …

「ハリエット」お涙でない。”闘う映画”で痛快な結末が待っている。

正直言って、コロナ禍の中、公開される映画が少なくて、”消去法”で見に行った映画。 全然期待していなかったのは、”お涙頂戴”の映画が嫌いって、それだけなんです。 予告編を見た感想は、「黒人女性が奴隷生活 …

『ばるぼら』なんだか、マジメな映画だな

マジメに丁寧に作られている ”この手”の映画はあまり好んで見ないんだけど、どうも、最近、いわゆる「話題作」も少なくて、特に見たい映画もなく、”手塚修原作”という事で見に行った。 NHK朝ドラ「エール」 …

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』まぁ、まぁ面白かった

シンプルなストーリーに戻ったか? ハリーポッターのシリーズもそうだけど、そにかく買いを重ねるごとに話が複雑になり登場人物やキャラクター増え、複雑なストーリーになるというパターンを予想していたら・・・。 …