ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

迫力の映像 スピルバーグ 戦闘アクション 面白さ ★★★★☆ アクション 洋画

「レディ・プレイヤー1」別な意味で楽しめる映画。

投稿日:

「トロンのような映画かな」と思って見に行ったんですが、想像とはちょっと違ったかな。
「トロン」は、コンピューターの世界を映像で表現しているんだけど、「レディ・プレイヤー1」は、オンライン・ゲーム”そのもの”ですね。
なので、想像の世界ではなく、実際に有り得る仮想現実の物語なんで、いわゆるSFではないと思います。

まぁまぁ面白い映画だし、十分楽しめたのですが、オンライン・ゲームは既にあるものなので、”この手の映像”には、慣れてしまってます。

映画として面白いのは、「アバター」のように、仮想現実だけでなく、現実世界の”本体”も戦うところですね。

こちらは、ゲームではなく映画でないと表現できません。

全体としては、”まぁまぁ”の印象でしたが、特筆したいところがあります。

それは、出てくる”キャラクターの多さ”です。

ただ出てくるだけでなく、それぞれの特徴や出てくる映画のストーリーとの関連など、細かいところまで良くできているんです。

映画好き、アニメ好き、ビデオ・ゲーム好きの方々にはたまらない映画でしょう。

最後の戦闘シーンで出てくる日本のキャラクターには涙物です!

最近、ハリウッド映画には、アジアといえば中国系の物ばかりなのですが、やはり日本の物はいいよなぁ・・・て思わせてくれます。

ウィキペディアにも、その辺の解説が出てますので、昔のキャラクターに詳しくない方は、一読しておくと、もっと楽しめると思います。

”ノスタルジックな映画”と言ってもいいですね。

とにかく、この映画を楽しむためには、80年代、90年代の映画、アニメ、そしてビデオ・ゲームを楽しむことですよ。

こちらもお勧め

「トロン」は、人間がコンピューターの世界に入り込んで戦う物語です。

シンプルに電子の世界を表現しているところは、なかなかです。

↑こちらのオリジナル版です。

こちらは、オリジナルの「トロン」です。
当時は、やっと出てきたCGをどう使うのか、試行錯誤だったのでしょうね。

「アバター」は、3D・CGが流行するきっかけになった映画です。

映像の美しさ、現像的な世界感が話題になりました。

-迫力の映像, スピルバーグ, 戦闘アクション, 面白さ ★★★★☆, アクション, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「メイズ・ランナー」

正直言って、あまり期待していなかった割には面白かった。 ”この手”の脱出物は、もう出尽くしたと感じていたし、迷路からの脱出と言えば、「CUBE」以上の作品はなかなか難しいと感じていたところだし・・・。 …

「オープン・ウォーター」ジワジワと恐い映画

見る前から、”本当に面白いのか?”って、ちょっと心配になってたんだけど、自分もスキューバ・ダイビングはやるので、”見ておかなきゃ”という感じで見てみたんだけど・・・。 心配ってのは、二人のダイバーが海 …

「ジョーカー」んー、確かに暗い!

「グリーン・ブック」がそうなんだけど、”最近はアカデミー賞で受賞する映画も面白い”という事もあるし、”普通に映画として面白い”という意見も見かけられたので、まぁ、行ってみた。 もちろん、「バットマン」 …

『透明人間』前半はホラー!後半は?

なかなか視点としては面白いと思った。 前半は、ほぼホラーですね。 まず、透明人間が実在するのかどうか?という事が判らない。(観客も) オープニングのシーンで既にそうとう怖いので、”しまったホラーか?( …

「蜘蛛の巣を払う女」まぁまぁかな。

「ドラゴン・タトゥーの女」のシリーズ4作目になる作品。 実は、このシリーズ、私は見ていなかったのですが、敷線をある程度知っておけば十分楽しめると思いました。 で、率直な感想なのですが・・・。 ”なかな …