ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

迫力の映像 面白さ ★★★☆☆ アクション 洋画

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」面白のは前半の方

投稿日:

「ジュラシック・パーク」のシリーズで、5番目の公開作品になりますね。

前作「ジュラシック・ワールド」の続編という事ですが、どっちが面白いか?と聞かれると、個人的には前作の「ジュラシック・ワールド」の方です。

今回の作品は、タイトルにも書きましたが”前半の方が面白い”んですよね。

やはり、恐竜が暴れまわるのは密林の中の方が合ってるんじゃないでしょうか?

とにかく、噴火している火山と恐竜の両方から逃げるシーンはスゴイの一言です。

「なんで噴石に当たらないのよ?」なんて突っ込み事はさておき、流れ来る溶岩、バンバン飛んでくる噴石、さらに逃げる恐竜に踏まれそうになる、襲われそうになる・・・このシーンだけでも、相当にスゴイです。

”このまま終わってもいい”ぐらいの迫力だと思ったのですが、後半を見て、”本当にあそこで終わっても良いのに”と思ってしまったのです。

後半は、ストーリー的に(さらに続編に続くためには)必要だったのかもしれませんが、迫力不足は否めません。

ラプターの「ブルー」がカッコいいな。とは思うんですが、もう少し、工夫があっても良いような気がします。

例えば、ラストは、建物全体が大爆発!!なんてのを期待してたんですけどねぇ。

まぁ、全体的には面白いし、続編も出ると思いますので、見ておいた方が良い映画ではあります。

ちなみに、「ジュラシック・・」のシリーズで、個人的な評価は、

1.「ジュラシック・ワールド」三作目
完成した”パーク”が見られる。ハラハラ・ドキドキが止まらない。ラストも凄い!

2・「ジュラシック・パーク」1作目:リアルな恐竜を表現した初めての作品。

ストーリーも面白いけど、1作目ならではの細かい演出も見逃せません。

3.「ジュラシック・パーク3」

これは、1作目を踏襲した作品で、純粋に恐竜の魅力が溢れています。
恐竜それぞれの個性を十分に生かして仕上げられていると思います。

4.「ロスト・ワールド」2作目。

正直言って、もっとも印象が薄いのがこの「ロスト・ワールド」です。
1作目の「ジュラシック・パーク」が大成功だったために、”失望した”観客は僕だけではなかったと思います。
1作目の続編、さらに続く「ジュラシック・ワールド」への繋ぎという感じです。
ストーリー展開を追うには、見ておいたほうが良いとは思います。




-迫力の映像, 面白さ ★★★☆☆, アクション, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「スカイライン -奪還-」面白い!スッキリ!!

上映される映画館が少なくて、なかなか見に行けませんでしたが、なんとか鑑賞してきました。 結果。”面白い!”、”満足”でした。 前作「スカイライン-征服- 」が逃げるばっかりで、結局エイリアンにつかまっ …

「アラジン(実写版)」良かった!泣けた!!

ヒットしたアニメを後に実写でリメイクして意味があるのか?僕は”ある”と思う。 「美女と野獣」もアニメと実写、両方見たけど、やっぱりどっちも良かったなぁ。 今、実写で撮りなおす意義と言えば、やはり映像技 …

「ライフ」リアリティはスゴイが・・

「ライフ」という映画は、ベン・スティラー が監督・主演の「LIFE!」という”人生の旅”みたいな映画もありますが、今回、紹介するのは、地球外生命体と闘う宇宙飛行士の話しです。 面白いか?と聞かれると、 …

「レディ・プレイヤー1」別な意味で楽しめる映画。

「トロンのような映画かな」と思って見に行ったんですが、想像とはちょっと違ったかな。 「トロン」は、コンピューターの世界を映像で表現しているんだけど、「レディ・プレイヤー1」は、オンライン・ゲーム”その …

「カメラを止めるな!」面白い!が注意は必要!

Table of Contents 低予算のインディペンデント映画、いわゆるB級映画なのに大ヒット!クローバーフィールド低予算のインディペンデント映画、B級映画と言えば・・ワンショット(ノーカット)の …