ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★★★ 感動 ドラマ 戦争 社会派

『ジョジョ・ラビット』良かった!晴れ晴れ!!

投稿日:2020年2月11日 更新日:

”お涙ちょうだい”系の映画は苦手だったんだけど、これは評判が良いので見に行った。

いわゆる「ホロコースト」を題材にした映画と言って良いだろう。

ドイツ人の市民側から見た戦争という視点が面白い!

一般的な日本人は、”ドイツ人は皆同じ”と思ってないだろうか?
自分はそのように、思っていたかもしれない・・・。

例えば、「シンドラーのリスト」のように、ドイツ人から見たホロコーストの映画もあった。

しかし、この映画は、普通のドイツ市民とホロコーストの関係が描かれているところが面白い。

結局、ドイツの人々も何が正しいのか?迷っていたし、ナチスに従わなければ普通のドイツ人としても生きられなかったってことなんだな。

ラスト、ホロコーストをオカシイと考えていたのにそれを隠し、最後までナチスのために戦う軍人の姿には本当に泣けた。

やはり、戦争はオカシイと考えさせられるシーンだ。

母と子の絆、そしてユダヤ人少女との出会い

隠れて”反ナチス”の運動をしている母と、真逆の”新ナチス”の息子の設定が面白い。

母は、ヒットラーに惹かれる息子に本当の事を言えず、父の事も隠している。

そこに”ユダヤ人少女と”新ナチ少年との出会い”だ。

いったいどうなるんだろう?という展開、そして、徐々に追い詰められてくるナチス・・・

もちろん、反戦争の映画でもあるしホロコーストの問題を提起してはいるんだけれど、映画としても非常に面白かった。

ライフ・イズ・ビューティフルに匹敵!

ホロコーストの映画は多数あるけど、近いのは「ライフ・イズ・ビューティフル」かな。

残酷な日々を重ねながら最後はホッとする・・・そういう”良い映画”だ。

主人公が子供(達)というのも共通して面白い。

ただ悲しいだけの映画でなく、十分楽しく見られると思います。

父が息子を助けるために、ユダヤ人収用所の過酷な生活を”ゲーム”と言って励まし続けるという映画。

もちろん悲惨なシーンは多いんだけど、最後にホロッとほのぼのした気分になれます。

「シンドラーのリスト」は、ドイツ人実業家が、ユダヤ人を助けるという映画。

ホロコーストを間近に見て、ユダヤ人を救うという決心をするシーンは忘れられません。

-面白さ ★★★★★, 感動, ドラマ, 戦争, 社会派

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ノマドランド

『ノマドランド』つまらないアカデミー賞に戻ってしまったか?

たらたらと続くストーリに意外性もない いやぁ、久々に眠くなった。 ”同じような景色が続く”、”ストーリーは進まない”で、とにかく眠く長い映画だった。 最近のアカデミー賞(作品賞)は、それなりに面白い映 …

絶対面白い!エイリアン2

僕が最も好きな映画、「エイリアン2」を紹介します。 エイリアンのシリーズは、もちろん全部見てますが、これが一番面白いです。 なんてったって、映画のポスターに書かれたキャッチ・コピー「今度は戦争だ!」が …

『ランボー ラスト・ブラッド』面白いのは面白い!

ランボーのシリーズは、1は、当然、”新しいスタイルの映画”と言うことで絶賛! 2は、さらにパワーアップして、スピーディで面白かった。 ただ、この辺りがピークで、序所にスタローンのパワーがなくなってきた …

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。 というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」 …

鑑定士と顔のない依頼人

これは、面白かった。 途中、モンモンとイライラさせるストーリーなんだけど、”まさか、このままで終わるんじゃないだろうな?”という心配を見事に裏切り、最後に大どんでん返し! 「こうでなくっちゃね!」とい …