ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★★★ グロテスク サスペンス

羊たちの沈黙

投稿日:

これは、文句なく名作だと思います。
ジョディー・フォスターのファンなので、興味を持った映画だったんですが、想像以上の展開でショックを受けました。
猟奇殺人をテーマにした映画は多いのですが、グロテスクな映像は最小限で、そこがまた印象に残るシーンになっています。
特筆すべきは、アンソニー・ホプキンズ演じる「ハンニバル・レクター」です。
囚われているにも関わらず、その恐ろしさはバツグンで、ジョディ・フォスターと対峙するシーンは、本当に印象的ですよね。
さらに、彼を拘束する道具の数々・・・。
後の映画や、パロディなどに影響を与えたのは間違いないでしょう。

内容は、猟奇殺人のどうこうではなく、純粋なサスペンスになっていて、オープニングからエンディングまで、ハラハラ、ドキドキ、スリル満点の展開が続きます。

終わったかと思いきや、恐怖の余韻が残るエンディング。
さらに、続く恐怖を連想されるラスト―シーンは、シリーズとなる「ハンニバル」に続くシーンとして見逃せません。

猟奇物やグロテスクなシーンが苦手な方でも、サスペンスが好きなら、ぜひご覧になって欲しい名作だと思います。

羊たちの沈黙の主人公は、ジョディ・フォスター演じる新米FBI捜査官なのですが、印象に残るのは、「ハンニバル・レクター」の方です。

そういった事もあり、この作品に続く続編は、「ハンニバル・レクター」が主人公になっています。

このシリーズはどれも面白く、お勧めですよ。

本シリーズの2作目「ハンニバル」

文字通り「ハンニバル・レクター」が主役です。

刑務所の中にいても恐ろしい「ハンニバル」の恐怖が満載です。

個人的には、相手役のクラリスが、ジョディ・フォスターから、ジュリアン・ムーアにチェンジしたのが、少々、寂しいですが、面白いところは変わりません。

本シリーズの3作目は「レッド・ドラゴン」です。
時系列で言えば1作目の「羊たちの沈黙」より、前になります。

1、2作目とは、趣が異なり、「ハンニバル」とFBI捜査官の対決といった感じです。
1作目に脇役として活躍するFBI捜査官ジャック・クロフォードが登場するところも見逃せません。

個人的には、タイトルの「レッド・ドラゴン」がどうも、気に入りません。
どこか「ハンニバル」のシリーズだと判らないし、どことなくアニメっぽいですよね。

本シリーズの4作目「ハンニバル・ライジング」は、時系列では最も古いものになります。
ハンニバルが子供の頃の話で、”いかにして殺人鬼が生まれたか”というストーリーになっています。

未来の殺人鬼が主役なのですが、観客は彼を応援したくなるんですよね。

子供時代の話なので、演じるのはアンソニー・ホプキンスではないので、その点はしょうがないかな。

-面白さ ★★★★★, グロテスク, サスペンス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」

この映画を見て、まず何を驚いたかというと、”メイズ”が出てこないこと。 タイトルの「メイズ・ランナー2」は、単に、”メイズ・ランナーの続編”という意味なだけです。 これは、まず、タイトルに問題があるの …

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』なかなか面白かったぞ!

探偵物と言うので「アガサ・クリスティ」のようなミステリーを期待してみた。 うん、期待通りの複雑な展開で面白かったな。 意外な展開が次々と・・ まず、面白いと思ったのは、警察や探偵に伝わっていることと事 …

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 予想外!面白かった!!

事実上の「アベンジャーズ・エンドゲーム」の続編だね。亡きトニースタークの後をスパイダーマンが受け継ぐか?ってのがテーマだ。 実は、「アベンジャーズ・エンドゲーム」もそうだけど、最近のマーベル作品には、 …

「グリーンブック」アカデミー賞だけど最高に面白い!

素直に良かったです。 偏見かもしれないんですが、「アカデミー賞を取った映画で面白い映画はない!」と思ってたんですが、これは良いです!! 社会性の強い映画なのに予告編から”見たいな”と思わせる映画は久し …

「ダンボ」良かった!さすがティムバートンだ!!

「大人も楽しめるはず!」と信じて見に行った「ダンボ」そう思った理由は、ティムバートンの作品だからです。 結果、良かった!さすが、ティムバートンです。 「ダンボ」の可愛らしさをそのままに、ティムバートン …