ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 迫力の映像 面白さ ★★★★☆ SF アクション 洋画

「ザ・プレデター」エイリアンに次ぐ人気シリーズに成長か?

投稿日:2018年9月28日 更新日:

この手の映画は徐々にネタが尽きてくるものですが、なかなか続きますねぇ。
元々は、アーノルド・シュワルツネッガーとの肉弾戦が見物の映画で、宇宙人で、SFでってのは”オマケ”の要素だった。
最近は、人類VS宇宙人とSFの要素が強くなってきたような気がするんですよね。

今回も「ザ・プレデター」は、”スターウォーズか?”というようなスペース・バトルからのスタートなんですよ。

エイリアンに近い、スペース・ホラーの様相になってきたんで、これがこれで楽しめます。

これまでのプレデターのシリーズとは路線が変ってきてはいるのですが、むしろ違う映画と考えてよいと思います。

またラストは、”人類とプレデターの戦いはこれから始まる!”みたいな終わり方で、今後の展開も楽しみですよ。

ただ、無理に路線転換を図っているためか、ツッコミどころ満載なんですよね。
”なんでよ?”というようなシーンがたくさんあるのはご愛嬌です。

特にプレデターの船を落とすシーン。

宇宙船なのに、”空気を吸い込む「吸気口」がある”・・・なんでよ????
しかも、ノロノロ飛ぶし、落ちたところに助っ人が現れるし・・・。

まぁ、映画なんだからこれは良しとするか・・・

とにかく、今後に期待できる一本なので、プレデターファンはぜひ見てください。

元祖「プレデター」。
昨今のシリーズと違って、コンセプト通り、プレデターと人間(シュワちゃん)の一騎打ちが魅力。
元々、プレデターは、優れた科学力があるのに、相手に合せた戦い方で挑んでくるのが魅力だったんですよね。
それがいつの間にか、”エイリアン来襲!”みたいな映画になったのは、ちょっと寂しいですね。

「プレデター2」は、前作「プレデター」を踏襲した映画です。
舞台が、密林から都市に変わったのが面白いところです。

エイリアンとプレデターが戦う?・・・地球で?・・・なんでよ?

と、最初は小馬鹿にしてたんですよ。
ところがどっこい、なかなか面白い。
映画は理屈じゃない!アイディアだって思わされますね。

さらにこのシリーズ、2作目もあるんですよ。
これが、さらにパワーアップして最強です。

映画館を出るとき、隣の高校生が、
「エイリアンの繁殖力、ハンパねぇ」「プレデターかっこ良過ぎ!」と はしゃいでいたのが印象的でした。




-戦闘アクション, 迫力の映像, 面白さ ★★★★☆, SF, アクション, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ジオストーム

異常気象から地球を救うため、人工衛星から気象をコントロールするシステムが完成。 これで、地球の平和が守れるか・・・と思いきや。 その気象コントロールシステムが突然暴走を始める。 これを止めるために、一 …

「ヴェノム」面白いじゃないか!

「ヴェノム」と言えば、僕なんかは「スパイダーマン3」で登場したのが印象的だったんだけど、本作は、そんな事とは関係なく重い白いですね。 人間に寄生するというアイディアは自体はよくある手法ですが、特撮を絡 …

『パラサイト 半地下の家族』重いなぁ・・・という映画

「ジョーカー」に続きメチャ暗い映画だった。 予告を見た感じでは、コメディタッチの世の風刺作品かと思っていたら、けっこうとんでもない結末になってしまう社会派の映画ですね。 まぁ、韓国も他の先進国と変わら …

「ジョーカー」んー、確かに暗い!

「グリーン・ブック」がそうなんだけど、”最近はアカデミー賞で受賞する映画も面白い”という事もあるし、”普通に映画として面白い”という意見も見かけられたので、まぁ、行ってみた。 もちろん、「バットマン」 …

リバー・ランズ・スルー・イット

映画を見終わった感想は、正直”これだけ?”でした。 とにかく、ダラダラと続くストーリーが退屈で、中止しているのが苦痛でした。 なんか観客に言いたいことや伝えたいことあるのかもしれないが、見ているのが苦 …