ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

ギレルモ・デル・トロ 面白さ ★★★☆☆ 社会派 サスペンス

『ナイトメア・アリー』前半部分、要る?

投稿日:

長過ぎ!正直言って前半は不要!

シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督という事でけっこう期待したんだけど・・・うーん、イマイチだった。

告知用の予告編は良くできていたと思う。

全体がセピアカラーでノスタルジックで異様な雰囲気が出ていて、なんか不思議な絵ですよね。

”これは!”と思わせる予告編に仕上がっていたと思います。

なんだけどなぁ、期待が大きすぎたのか正直言って半分しか楽しめませんでした。

前半と後半に分かれてしまっている

途中で物語がガラッと変わるんですよね。

で、ストーリーの本筋は後半なんですよ。
なので、前半は最後のオチのための単なる伏線です。

伏線が多数埋め込まれているのでこれを見逃してしまうと後半が楽しめないのですが、その後半までがダラダラのストーリーで物凄く眠くなる。

上映時間は2時間20分らしいのですが、この前半のせいですごく長く感じました。

途中でオチが判ってしまう

そしてここが重要。

「ナイトメア アリー」てってナンなのか?は前半に出てくるんですが、話しの展開でこれがオチなんだってこの時点で判ってしまうんですよね。

ここ、もう一回り伏線をおかないと普通に映画を見ている人はオチが読めてしまうので最後の最後でガッカリって事になってしまいます。

敢えてネタ晴らしはしませんが、知らなくても途中で判ってしまいます。

これはいかがなものか?

それでも後半はやや楽しめる。

それでも”つまらない”とは言い切れないのは、例えば前半と後半の間に休憩があって、後半だけ見るならけっこう面白いかもと思えるからです。

騙しているのは誰か?、最後に笑うのは?みたいなサスペンス要素がふくまれているので、多少ハラハラ・ドキドキはあるんですよ。

絵は確かにすばらしい

それと、特筆するべきはやはり全体の雰囲気ですね。

ここはさすがギレルモ・デル・トロ監督の手腕なんでしょうが、なんともないシーンでも恐怖を感じるような仕掛けが入っています。

とはいえ、やはり全体的にスピード感は欲しいな。

シェイプ・オブ・ウォーター』がすごく良かったので今後の作品に期待します!

 

-ギレルモ・デル・トロ, 面白さ ★★★☆☆, 社会派, サスペンス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

いのちの停車場

「いのちの停車場」泣ける映画ではないけど良かった。

そこまで泣ける映画ではないけど良かった。 ”泣きたい”人にはちょっと物足らないかもしれないけど、なかなか良い映画だと思いました。 タイトルがなんだか”泣かせる映画風”じゃないですか? なので、最愛の人 …

ザ・スイッチ

『ザ・スイッチ』なんかB級だなぁ・・・

ホラー・サスペンスで定評のある「ジェイソン・ブラム」の作品という事で、かなり”恐い映画”を期待してたんですが、うーん、正直言って、”子供でも大丈夫”のレベルです。 子供向けの娯楽映画だな まぁ、全体的 …

羊たちの沈黙

これは、文句なく名作だと思います。 ジョディー・フォスターのファンなので、興味を持った映画だったんですが、想像以上の展開でショックを受けました。 猟奇殺人をテーマにした映画は多いのですが、グロテスクな …

「CABIN(キャビン)」ただのホラーじゃない!意外に面白い!!

あまり期待してなかったけど、意外に面白かった映画ってありませんか? 「キャビン」は正にそういう映画。 当初は、なんか映像も”チャッチィな”って思っていたんですが、この映画の面白さは、”どんでん返しの連 …

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。 というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」 …