ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★☆☆ 社会派 洋画

「オープン・ウォーター」ジワジワと恐い映画

投稿日:

見る前から、”本当に面白いのか?”って、ちょっと心配になってたんだけど、自分もスキューバ・ダイビングはやるので、”見ておかなきゃ”という感じで見てみたんだけど・・・。

心配ってのは、二人のダイバーが海に取り残される映画なんだけど、”結局漂うだけ”だと予想されたからなんだよね。

見事に予想が当たって、海に取り残されたダイバーに出来いるのは、”ひたすら待つ”ってことだけ。

エピソードを盛って作らないと、”同じようなシーンが続く”という事が考えられた・・・で、見事、その通りの映画だった。

徐々に追い詰められていくのは、恐いって言えば恐いんだけど、同じサメを扱った映画、例えば「ジョーズ」なんかに比べると、”闘う”ってことがないので、ハラハラ・ドキドキなんて事は有り得ない。

それでも”事実を元にした映画”って事で、リアリティはあるかな。ここが救いだと思う。

それでも、ラスト・シーンだけは、”え?”っていう終わり方でスゴく印象に残ります。

しばらく、頭に残って離れないぐらい印象的だったのは間違いないです。ここだけは良かったなぁ。

「オープン・ウォーター2」もビデオで出ているので、こっちも見てみたいと思います。

サメの映画と言えば、絶対に外せないのが「ジョーズ」のシリーズですね。
こっちは、フィクションなので、文句なしの面白さです。

「ジョーズ」のシリーズの中では、「ジョーズ3」もけっこうお勧めです。
僕が始めてみた3Dの作品で、劇場公開されたときは、「ジョーズ3D」というタイトルでした。

サメとも闘うのですが、「海底公園からの脱出」という設定もあり、どんどん浸水してくるのが恐かったです。

サメ物で、異色な面白さなのが、「ディープ・ブルー」です。
遺伝子操作で凶暴化したサメと闘うという設定が面白い。

-面白さ ★★★☆☆, 社会派, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ラプチャー ~破裂~」うーん、微妙だ。

うーん、面白いのか、つまらないのか微妙な映画だった。 告知やポスターなんかを見ると「SAW」の雰囲気をかもし出していて、”恐い映画”と思っていたんだよね。 拉致されたシングルマザーをジワジワといたぶる …

「『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まぁ、面白いちゃあ、面白い

MIシリーズの6作目。 トム・クルーズが怪我をしたというニュースが流れた本映画ですが、無事に公開されたので見に行ってきました。 その問題のシーン・・ ジャンプしてビルに飛びつくシーンなんですが、足を怪 …

ロケットマン

「ロケットマン」エルトン・ジョンのファンなら、まぁまぁ楽しめるかな

「ロケットマン」ってタイトルだけ聞くと”SF映画か?”って思っちゃうよね。もちろん「ロケットマン」はエルトン・ジョンの楽曲のタイトルだ。 別に騙されたわけじゃなく、ちゃんとエルトン・ジョンの映画だって …

「アリータ: バトル・エンジェル」面白い!最高だ!!

「移動都市/モータル・エンジン」を見た直後だったので、”比較したらかわいそうかな?”と思ったら、なんとなんと、予想を覆す面白さ! 「移動都市」の場合は、”都市”自体が主人公になっていて、「アリータ」は …

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」 イマイチだったかな。

うーん、まぁ、面白いか聞かれると、面白いとは思うんだけど・・・・、 ストーリーが明快な割には、メインストーリーから脱線するケースが多く、時々”先に進めよ!”と言いたくなる。 「スターウォーズ」も、時々 …