ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★★☆ 感動 意外に面白い 社会派 洋画

「メッセージ」社会性ありだけど、なかなか面白い!

投稿日:

人類と異星人とのファースト・コンタクトを描く映画です。

異星人が伝えるメッセージを解読する。
その目的は、「異星人は何のために地球に来たのか?」これを知るためです。

得てして、この手の社会性を追求する映画は、作り手のエゴが出て、観客のことなんか考えていない独りよがりの作品が多いのですが、「メッセージ」に関しては、ストーリー展開も良く映像も素晴らしい、退屈するところはほとんどない、普通に面白い映画でした。

時空を越えたメッセージを解読して自分自身の事を知る主人公もなかなか感動的でしたよ。

ただ、迫力とかハラハラ・ドキドキのようなアクションは全く無いので、エイリアンが登場するそういう映画を期待する方にはちょっと無理かも。
ただ・・・。

似たような、異星人(エイリアンとのコンタクト)をテーマにした他の映画と比べても”良かった”と言えます。

僕が知っている、この手の映画の最初はスピルバーグ監督の”未知との遭遇」です。

予告編とポスターを見て”恐い映画”だと思ったのですが、実際はものすごく感動しました。

また、同じスピルバーグ監督の「E.T. (字幕版)」も、描き方は違いますが、やはり異星人との交流を描いた映画で、最後は涙・涙の感動でした。

メッセージ (字幕版)」は、これに勝るとは言いませんが、かなり良かったのは事実です。

ハラハラ・ドキドキはなくても、かなり面白いです。
ぜひ、ごらんになってください。

タイトルがズバリの「コンタクト」という映画もありました。

天文学者のカール・セーガンが原作で話題になり、ジョディ・フォスターが主演という事でワクワクで見に行ったものです。

これも、なかなか面白かったのですが、ストーリーとは関係ないところで”それはないよ”と突っ込みたくなるところがあったんですよね。

まぁ、それでも異星人とのコンタクトのシーンは感動したかなぁ。

この映画の良かったところは、無理にエイリアンを映像化しなかったところですね。

本当に、”こんな感じかな”と思わせてくれました。

逆に、似たような映画で全く面白くなかった、”なんじゃこりゃ”の作品もありました。

最近見た中では、この「インターステラー」が一番つまらなかったです。

とにかく、ストーリーがタラタラと進まない。
相対性理論など全く無視の何じゃこりゃのエンディング。

「メッセージ」や「未知との遭遇」「ET」と違うのは、リアリティを追求するあまり、展開に無理があるというところです。

基本フィクションなんだから、もう少し開き直って、”有り得ない話”にした方が楽しめたと思います。

映画評論では評価の高い作品なだけに、意味が判りません。

これは避けて、他の作品をお勧めします。

 

 

 

-面白さ ★★★★☆, 感動, 意外に面白い, 社会派, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『カイジ ファイナルゲーム』なかなか面白い!

突っ込みどころ満載の映画 まぁ、面白かったんじゃないの?というのが感想。 とりあえず、ハラハラ・ドキドキで、どんでん返し!!といったエンターテイメントの要素はたっぷりなので、楽しめる事はたのしめる。 …

「リメンバー・ミー 」面白いし、泣ける!!

良かった!、これは面白いし、泣けます! 連続で見た「トゥームレイダー」が霞みました。 ディズニーアニメでは、「アナと雪の女王」のヒットがあったので、これを超えるのは難しいだろうと思っていたのですが、な …

「ジョーカー」んー、確かに暗い!

「グリーン・ブック」がそうなんだけど、”最近はアカデミー賞で受賞する映画も面白い”という事もあるし、”普通に映画として面白い”という意見も見かけられたので、まぁ、行ってみた。 もちろん、「バットマン」 …

「エンド オブ ステイツ」まぁ、面白いと言えば面白い

面白いんだけどなぁ・・・ 面白いか?と聞かれると面白いんだけど、うーん。 なんか、自分でこういう書き方が増えてきたよなぁ・・・。 そもそも面白ければ何でもアリ!だとは思うんだけど、最近特に、”何でもア …

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』重い・・・重いなぁ。

久々に重い映画に当たってしまった。 予告編を見たときは、新聞記者がソ連の悪しき行いを暴くハラハラ・ドキドキのストーリー・・・と思ったんだけどなぁ。 そうではなかった。 内容は予告編の通り、あるジャーナ …