ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★☆☆ 意外に面白い オカルト

『さんかく窓の外側は夜』特撮が残念!

投稿日:

全体的に中途半端

「樹海村」は、かなり恐そうだったので、こちらをチョイスしてみてみた。(基本的に恐い映画は苦手なので・・・)

で、感想は「どうも中途半端だな」という印象が否めない。

恐さ、サスペンス要素、そして、映像、全てが”あと少し”何か足りない。

まぁ、「樹海村」のように、怖さを前面に出す映画ではないので、”中途半端な恐怖”は狙っているところで良しとしよう。

問題はサスペンスと映像だ。

特に残念なのは映像!

亡霊に新鮮味がない

やっぱり映画館で見る映画なので、映像はそれなりに期待するよね。

まずは、亡霊の描写がありきたりなのが残念。

除霊シーンも、”どっか手見た事がある映像”の組み合わせなんだよね。

メイクも中途半端だし、煙に包まれるとこなんか、「亜人」に似てるんだよねぇ。

亡霊もゾンビみたいだし・・・。

なんかもっとオリジナリティのある亡霊はできなかったのか???

ハラハラ・ドキドキ感が欲しい!

全体的にストーリー展開がやや遅いかな。

あっと驚くような斬新な展開も少ないし、”この後どうなるの?”という期待も膨らまない。

もう少し、サスペンスの要素も煮詰めて欲しかったなぁ。

ラストが惜しい・・・

あまり書くとネタバレになるので、マズいんだけど、
やっぱりラストに出てくる部屋のセットは、ちょっとどうかと思う。

まぁ、苦労しているのは判るけど、3流アーティストのインテリア作品みたいなセットにライティングを加えて恐さを演出している・・・つもりなんだろうけど、あまりにも手作り感が出過ぎていて”怖さ”も半減してします。

あれは、なんとかならなかったのか?

遊園地のお化け屋敷レベルのライティングはなんとかならなかったのか?

中に浮いている感も欲しかったなぁ・・・。

オチも良く判らない

原作を知らないので何とも言えないけど、”オチ”はあれで良いの?

何がどう解決しているのかさっぱり判らない???

誰か解説して欲しいぐらいだよ・・全く。

休日にゆったり見るなら、まぁまぁかな

とまぁ、あまり評価は高くないんだけど、”すっごく怖い映画は苦手”という人にはまぁまぁ刺激があって良いかも。

夢に出てくるとか、〇〇が恐くなるなんてことがないのは良いかもしれない。

クォリティーで言うと先日見た「ばるぼら」なんかは、すごく丁寧に作られていて、セットやメイクもあえて”マンガチック”にしているところが非常に評価が高い。

同様に邦画なんだけど、やっぱり日本映画の良さと悪さを比べられちゃうよねぇ。

うーん、やっぱ劇場公開の映画なら、もう少しがんばって欲しかった!残念!!

-面白さ ★★★☆☆, 意外に面白い, オカルト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『記憶にございません!』三谷幸喜の中では、まぁまぁ、面白い方か

三谷幸喜の映画はとっても好きなので、邦画の中では、けっこう”映画館で”見る方だ。 今回の「記憶にございません!」は、予告編を見て、発想が面白い!実に三谷幸喜らしいと、けっこう期待した。 政治家が、「記 …

『TENET テネット』まぁ、面白いが”何でもアリ”やな

うーん、「テネット」を見た率直な感想は”なんじゃこれは?”ですね。 さすがクリストファー・ノーラン。 判ってやってるんですねぇ。 まぁ、気持ちは判るが、あまりに複雑なストーリーだと、そちらに頭を取られ …

シェイプ オブ ウォーター

アカデミー賞を取るような映画は面白くない! と決め付けていますし、作品賞を受賞したということで、さっそく見に行った娘は、「面白くない!金返せ!!」と散々の酷評! さらに、ネットで検索しても、”良い”と …

「アベンジャーズ/エンドゲーム」まぁ、面白かったし、”最後”という感じはした

偶然なんだけど、初日の2回目という、まぁ、ファンばっかりが集まった回を見てしまったんだけど、いや、人気あるねぇ。マーベルなら何でも良いのかなぁ。 という事で、まずは、感想なんだけど・・・。 タイトルに …

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。 というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」 …