ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 迫力の映像 製作者の独りよがり 面白さ ★★★☆☆ つまらない映画 アクション 洋画

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」面白いのはオープニングだけ!

投稿日:

これは期待が大きかっただけに、かなりガッカリな映画でした。

タイトルにも書きましたが、”面白い”と思ったのは、オープニングのグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げるところだけ・・・うーん。

まず、話は単純なのに判り難い脚本はどうなんだろうかと思います。

もう少し判りやすく楽しめる内容にしたらどうだったでしょうか?

どんでん返しもあるにはあるんですが、”だから?”といった内容で、これまたがっかり。

さらに”ファンタスティック・ビースト”の魅力が出ていない!

サブ・タイトルの「黒い魔法使いの誕生」の話に終始しているんだよねぇ。

とっても残念でした。

本作を期待したのは、前作の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」がとても面白かったから。

主人公のニュートが奮闘しているのに、魔法動物がトラブルを連発する。
でも、そのトラブルが思わぬ効果を発揮して、もっと大きな問題を解決する・・・ってこういう展開が良かったんですよねぇ。

今回も、こういう展開が欲しかったなぁ。

それと、最後のクライマックス(であろう)のグリンデルバルドとの決戦のシーン。

単純に、光と光がぶつかり合うだけで、なんの迫力も無い。

この表現方法は、もう使い尽くされたような気がするんですよ。

なんか、普通にアニメですよね。

「カメハメ波!」とか、そういうレベル。涙!

オープニングの方が迫力があるって、どういう事なんでしょ?
うーん・・・・。

実は、「ハリーポッター」のシリーズも、本当に面白いと思ったのは、1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石 」だけなんですよ。

その後のシリーズは徐々に面白くなくなって、最終章の2部作なんて、逃げる、暗い、寂しいで、どうしようもない作品になってしまってます。

今回の”ファンタスティック・ビースト」のシリーズがそうならないように祈るばかりです。

救いは、1作目は、どちらも面白いところです。

こちらの方だけ見て満足するのをお勧めします。

 

-戦闘アクション, 迫力の映像, 製作者の独りよがり, 面白さ ★★★☆☆, つまらない映画, アクション, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『野生の呼び声』良かった!バックってCG?だよね??

Table of Contents 予想とは違う内容だったけど良かった!!バックはCGだよね?人間に買われている都会犬が雄大な大自然の中で野生に目覚めていく映画ハラハラ・ドキドキなんてのはないけれど・ …

「メン・イン・ブラック : インターナショナル」前作とは趣きが変わり面白い!

実は、前作のトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスの「メン イン ブラック」は、まぁ、面白いとは思ったけど、はっきり言って、主演二人の漫才で、SFアクションというよりは、コメディの要素が強かった。 …

『記憶にございません!』三谷幸喜の中では、まぁまぁ、面白い方か

三谷幸喜の映画はとっても好きなので、邦画の中では、けっこう”映画館で”見る方だ。 今回の「記憶にございません!」は、予告編を見て、発想が面白い!実に三谷幸喜らしいと、けっこう期待した。 政治家が、「記 …

「アントマン」まぁまぁかな。

うーん、面白いのは面白いんだけど、マーベルの他のシリーズと比較するとパワー不足なのは否めない。 なぜって、多分”小さいから”だと思うんだよね。 小さくなって、”おー!”って思うのは、最初のバスタブのシ …

「ランペイジ 巨獣大乱闘」面白いじゃないか!

あまり期待していなかったんだけど・・・、予想を裏切る面白さ! 怪獣シリーズでダントツはもちろん、我らが「ゴジラ」だけど、これはこれで面白い。 迫力のある映画なので、ぜひ劇場で見ていただきたい映画だ。 …