ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 面白さ ★★★★★ 迫力の映像 ジェームズ・キャメロン SF アクション 洋画

「アリータ: バトル・エンジェル」面白い!最高だ!!

投稿日:

「移動都市/モータル・エンジン」を見た直後だったので、”比較したらかわいそうかな?”と思ったら、なんとなんと、予想を覆す面白さ!

「移動都市」の場合は、”都市”自体が主人公になっていて、「アリータ」は人間(サイボーグ)が主人公・・・と、”迫力という点で、ちょっと弱いんじゃないか?”と勝手に思い込んでいた。

ところがどっこい、早いテンポに物凄い迫力で、大満足だった。


”主人公「アリータ」の目が大きい”という意見が多いようだが、あれはジェームズ・キャメロンの仕掛けの一つだと思う。

本人は、”目力”を強調しているような解説をしているようだけど、個人的には、観客が「アリータ」がサイボーグである事を忘れ、”人間のようだ”と思う一歩手前で引き留める防波堤になっていると思う。
あえて、”人間らしくない”ところを残しているってところだね。

そうでなければ、何が実写で何がCGなのか訳が分からなくなってしまう。
「アリータ」だけは実写でなくアニメーションとして楽しむのがこの映画を観賞するコツじゃないかな?
だからこそ、過激なバトルシーンもどこかマンガチックな要素が残っていてとても好感が持てるんだよね。

あまり「アリータ」に感情移入していしまうと、”面白さ”を楽しめないもんね。
そういう意味でも適度に”マンガみたい”な要素が必要だと思う。

「移動都市/モータル・エンジン」 もそうだけど、こんなに面白い映画なのに、今一つブレイクしていない気がするんだよね。
「グリーン・ブック」も良かったけど、こっちもスゴク良かったよ。
なぜ、皆見ないんだろうね?とてももったいない!

という事で、 「移動都市/モータル・エンジン」 、「アリータ: バトル・エンジェル」と2本続けて、大当たりで、気分が良いので、「アクアマン」を見てみようかと思う。
「アクアマン」は、予告編を見て、イマイチな印象で、見に行ってないんだよねぇ。
意外と面白いかも?

ところで、「アリータ: バトル・エンジェル」に興味がある方にぜひ見ていただきたいのが、やはりジェームズ・キャメロンが監督した「アバター」だ。

現在の3D人気を定着させた作品として有名だよね。

こちらは、迫力の映像に神秘的な美しさが加わって、不思議な映像です。
ぜひ、ご覧になってください。

-戦闘アクション, 面白さ ★★★★★, 迫力の映像, ジェームズ・キャメロン, SF, アクション, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「オーシャンズ8」なかなか面白いが・・・

なかなか、面白かったんだけど・・・。 ウーン前半がなぁ。ちょっとダルいかな。 という事で★は4つかな。 オープニングから、ダニーオーシャンズの妹、デビーが出所してから仲間を集めるまでが、ちょっとダルい …

シェイプ オブ ウォーター

アカデミー賞を取るような映画は面白くない! と決め付けていますし、作品賞を受賞したということで、さっそく見に行った娘は、「面白くない!金返せ!!」と散々の酷評! さらに、ネットで検索しても、”良い”と …

「レディ・プレイヤー1」別な意味で楽しめる映画。

「トロンのような映画かな」と思って見に行ったんですが、想像とはちょっと違ったかな。 「トロン」は、コンピューターの世界を映像で表現しているんだけど、「レディ・プレイヤー1」は、オンライン・ゲーム”その …

「メッセージ」社会性ありだけど、なかなか面白い!

人類と異星人とのファースト・コンタクトを描く映画です。 異星人が伝えるメッセージを解読する。 その目的は、「異星人は何のために地球に来たのか?」これを知るためです。 得てして、この手の社会性を追求する …

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」面白のは前半の方

「ジュラシック・パーク」のシリーズで、5番目の公開作品になりますね。 前作「ジュラシック・ワールド」の続編という事ですが、どっちが面白いか?と聞かれると、個人的には前作の「ジュラシック・ワールド」の方 …