ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

面白さ ★★★★☆ 社会派 洋画 DC

「ジョーカー」んー、確かに暗い!

投稿日:2019年10月16日 更新日:

「グリーン・ブック」がそうなんだけど、”最近はアカデミー賞で受賞する映画も面白い”という事もあるし、”普通に映画として面白い”という意見も見かけられたので、まぁ、行ってみた。

もちろん、「バットマン」のシリーズだという事もあるけどね。

で、どうだったか?

評判どおり、暗いねぇ。
見たらドンヨリと落ち込むこと間違いなしだね。

身障者に対する世間の風当たり、生い立ちの不幸など、やはりこの映画を見ると考えさせられるものはあった。

画面は確かに良かった。ホアキン・フェニックスの演技も光っている。

アーサーの住んでいるアパートに続く階段は本当に印象的で映画の中で生きていると思う。あれは、アーサーの人生そのものを良く表現していると思うな。

だけど・・・だけどだけど。

追い詰められていくアーサーに心を魅かれるんだけど、もう少しドキドキ感、ハラハラ感が欲しかったなぁ。

時間的な”際どさ”みたいな演出があるともっと印象に残ったんじゃないだろうか?

あと、バットマンとの繋がりなんだけど、これがニクイ!ってぐらい微妙に絡むんだよね。

映画を見ながら、”確か、ブルース ウェインってこうなるんだよなぁ”っと思っていると、そういうシーンが出てくるんですよね。

これはバットマン・ファンにはたまらないかもしれませんね。

という事で、賞を取るには立派な作品だと思いますが、バットマンのようにアクションがあるわけでもなく、スリリングな攻防があるわけでもありません。

思えば、「バットマン」の1作目(ジョーカーと闘う)も、似たような感じの暗い映画でした。

そもそも、「バットマン」のシリーズはそんなものなのかなぁ?

という事で、自分自身の復習のためにもバットマンを振り返ってみます。

自分自身、最初にバットマンの映画をみたのは1989年公開の「バットマン」です。

実写版「バットマン」の1作目といっても良い本作品で、バットマンの敵は「ジョーカー」でした。
「ジョーカー」誕生のシーンも含まれているので、ちょっとスジが違うのかもしれません。

この映画の何が印象的だったか?

まず、ヒーロー物としては異色の”暗い”映画でした。
当時は絶賛されていたのですが、バットマン自体弱っちいし、とても面白いとは言えない映画だと思います。

もう一つが、主役のバットマンよりジョーカーの方がカッコいい!!というところです。

バットウィングをジョーカーが一発の弾丸で落とすシーンがあるのですが、なんというか、”ジョーカーのためにあるようなシーン”なのです。

バットウィング

普通にピストルを胸元から取り出すかと思いきや、メチャメチャ銃身が長いんですよね。
うーん、カッコいい!!

その後の続編が、1992年公開の「バットマン・リターンズ」です。

コチラは、「キャット・ウーマン」が登場するので話題になりましたね。

その後、バットマン フォーエヴァー (1995年)、 バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲 (1997年)と本シリーズは続きました。

Mr.フリーズは、アーノルド・シュワルツネッガーが悪役で注目されましたね。

そして、”新シリーズ”と言っていい作品が2005年公開の「バットマンビギンズ」です。
このシリーズは、「ダークナイト・トリロジー」と呼ばれています。

「バットマンビギンズ」は、”バットマン誕生の物語”と思いきや、それまでのストーリーとは別の展開に続きます。

本作品の延長線上に今回公開された「ジョーカー」があると言っていいでしょう。

ただ、新シリーズとはいえ、バットマン特有の”暗い映画”であることは同じです。

いや、「ロビン」や「キャットウーマン」が登場する前シリーズよりは、さらに暗くなったイメージです。

2作目の「ダークナイト」は、”名作”の呼び声が高い作品で、この時、バットマンの敵が再び「ジョーカー」なのです。

なので、僕の知る限り、ジョーカーは2回映画でバットマンと闘っています。

で、どうだったか?というと、やっぱり”ジョーカーの方がカッコいい”んですよねぇ。
そういう映画なのかもしれませんね。

このシリーズの完結版が3作目にあたる「ダークナイト・ライジング」になります。

「バットマン」の全作品を網羅する必要はないとは思いますが、「ジョーカー」を深く知る上では参考にはなると思いますよ。

DCの「シャスティス・リーグ」を楽しむためにもぜひ、ご覧になってください。

-面白さ ★★★★☆, 社会派, 洋画, DC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ラプチャー ~破裂~」うーん、微妙だ。

うーん、面白いのか、つまらないのか微妙な映画だった。 告知やポスターなんかを見ると「SAW」の雰囲気をかもし出していて、”恐い映画”と思っていたんだよね。 拉致されたシングルマザーをジワジワといたぶる …

「アリー/ スター誕生」なかなか良かった!

正直言って、予想したより良かった。 実は、”この手”の映画は好んでは見ないんだけど、この前に見た「ボヘミアン・ラプソティ」が良かったので、流れで見てしまった。 もちろん、見た人の評判が良かったからなん …

「くるみ割り人形と秘密の王国」は子供向けの映画かな。

うーん、もう少し、ハラハラ・ドキドキを期待していたんだけど、残念! これは子供向けの映画ですね。 恐い映像も脅かしも一切なし! 安心してお子様と一緒にごらんください。笑! まぁ、バレエですよね、これは …

「エクス・マキナ」文句なし、面白い!

まず、ビジュアルがスゴイ! 美しいのに不気味、そんなAI エヴァがすごすぎる! その動きも、人間なのか?機械なのか? 妙に惹きつけられる機械っぽさが残る仕草には、特殊な魅力があると思います。 登場する …

フラットライナーズ

医学生が臨死状態に興味を持ち、自ら臨死状態になってみよう!という映画。 ”死後の世界を体験し語る・・・”というような映画かと思いきや、臨死状態から生還した学生達が、”異常な体験”をし、そのあげく命を落 …