ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 面白さ ★★★☆☆ SF アクション マーベル

「アントマン」まぁまぁかな。

投稿日:

うーん、面白いのは面白いんだけど、マーベルの他のシリーズと比較するとパワー不足なのは否めない。
なぜって、多分”小さいから”だと思うんだよね。

小さくなって、”おー!”って思うのは、最初のバスタブのシーンだな。

ここは丁寧に描いていて、リアリティも迫力もある。

なんだけど、実際の戦いのシーンなどは、もう一つかなぁ。

狙っているのは判るんだけど、もう一つ、ハラハラ・ドキドキ度が欲しいところだ。

逆に、ファルコンと戦うシーン。

ここはスゴイね。

”小さくなって、こう戦うんだ!”ってのが思いっきり表現されている。

ところで、「アント」は、マーベル作品の一つで、全体の流れ、特に「アベンジャーズ」のシリーズに出てくる。

という事で、やっぱり見ておくと、「アベンジャーズ」や「キャプテン・アメリカ」のシリーズが楽しめるので、とりあえず、マーベルが好きなら見ておくべきだと思う。

また、「アントマン」の2作目となる「アントマン&ワスプ」にも繋がるので、こちらを楽しみにしている方はぜひチェックするべきです。

シリーズの一作目は、”いかにしてヒーローが生まれたか?”に重点が置かれるので、本格的に面白くなるのは、2作目というパターンが多いのも事実です。

新作の「アントマン&ワスプ」を楽しみに待ちましょう。

小さくなる映画と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「ミクロ・キッズ」です。

この映画は”小さくなると大変だ!”ってのがテーマになってるんで、小さくなって戦う「アントマン」とはまるで逆。

現実的には、小さくなる方が大変だと思うんですよね。

私が最初に人間が小さくなる映画を見たのは「ミクロの決死圏」。

人間が小さくなって病気の人の体内に入り、病気と闘うという映画。

斬新なアイディアで当時はなかなか楽しかったなぁ。

こちらもぜひどうぞ。

-戦闘アクション, 面白さ ★★★☆☆, SF, アクション, マーベル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 予想外!面白かった!!

事実上の「アベンジャーズ・エンドゲーム」の続編だね。亡きトニースタークの後をスパイダーマンが受け継ぐか?ってのがテーマだ。 実は、「アベンジャーズ・エンドゲーム」もそうだけど、最近のマーベル作品には、 …

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』重い・・・重いなぁ。

久々に重い映画に当たってしまった。 予告編を見たときは、新聞記者がソ連の悪しき行いを暴くハラハラ・ドキドキのストーリー・・・と思ったんだけどなぁ。 そうではなかった。 内容は予告編の通り、あるジャーナ …

『チャーリーズ・エンジェル』従来とは赴きが変わったかな

そもそもというか、実はというか『チャーリーズ・エンジェル』は、好みではない。 その理由なんだけど・・・ オッサンがモテるのが気に入らない オッサンが美女に囲まれてチヤホヤされる・・・これを見た、”本物 …

『DUNE/デューン 砂の惑星』独特の世界観は素晴らしい!

『DUNE/デューン 砂の惑星』は、これまでも何度か映画化されているまぁ、SF映画ファンの中では有名な映画ですん。 自分が見たのは1980年代に公開されたデイヴィッド・リンチ監督の『デューン/砂の惑星 …

『マトリックス レザレクションズ』素直に面白いけどなぁ。

普通に素直に面白いけどなぁ。 この映画に関しては、「マトリックス」のが好きな人ほど受け入れられないという特性があるようだ。 ”面白い”、”つまらない”の話題が出てくるとそんな印象を受ける。 正直言って …