ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 面白さ ★★★☆☆ SF アクション マーベル

「アントマン」まぁまぁかな。

投稿日:

うーん、面白いのは面白いんだけど、マーベルの他のシリーズと比較するとパワー不足なのは否めない。
なぜって、多分”小さいから”だと思うんだよね。

小さくなって、”おー!”って思うのは、最初のバスタブのシーンだな。

ここは丁寧に描いていて、リアリティも迫力もある。

なんだけど、実際の戦いのシーンなどは、もう一つかなぁ。

狙っているのは判るんだけど、もう一つ、ハラハラ・ドキドキ度が欲しいところだ。

逆に、ファルコンと戦うシーン。

ここはスゴイね。

”小さくなって、こう戦うんだ!”ってのが思いっきり表現されている。

ところで、「アント」は、マーベル作品の一つで、全体の流れ、特に「アベンジャーズ」のシリーズに出てくる。

という事で、やっぱり見ておくと、「アベンジャーズ」や「キャプテン・アメリカ」のシリーズが楽しめるので、とりあえず、マーベルが好きなら見ておくべきだと思う。

また、「アントマン」の2作目となる「アントマン&ワスプ」にも繋がるので、こちらを楽しみにしている方はぜひチェックするべきです。

シリーズの一作目は、”いかにしてヒーローが生まれたか?”に重点が置かれるので、本格的に面白くなるのは、2作目というパターンが多いのも事実です。

新作の「アントマン&ワスプ」を楽しみに待ちましょう。

小さくなる映画と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「ミクロ・キッズ」です。

この映画は”小さくなると大変だ!”ってのがテーマになってるんで、小さくなって戦う「アントマン」とはまるで逆。

現実的には、小さくなる方が大変だと思うんですよね。

私が最初に人間が小さくなる映画を見たのは「ミクロの決死圏」。

人間が小さくなって病気の人の体内に入り、病気と闘うという映画。

斬新なアイディアで当時はなかなか楽しかったなぁ。

こちらもぜひどうぞ。

-戦闘アクション, 面白さ ★★★☆☆, SF, アクション, マーベル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

「アド アストラ」”この手の映画にしては”面白かったかな。

「ワンスアポン ア タイム イン ニューヨーク」に続き、ブラッド・ピット主演の映画を見てきました。まぁ、この手の映画にしては面白かったかな。 ”この手の”というのは、まぁ、宇宙まで行って、誰かを救出す …

「アクアマン」面白いんだけど、もう一押し欲しい!

”面白いか?”、”面白くないか?”と言われたら、まぁ、”面白い”ちゃあ”面白い”んだけどねぇ・・・。 「移動都市/モータル・エンジン」 、「アリータ: バトル・エンジェル」 見た直後だったのがマズかっ …

『透明人間』前半はホラー!後半は?

なかなか視点としては面白いと思った。 前半は、ほぼホラーですね。 まず、透明人間が実在するのかどうか?という事が判らない。(観客も) オープニングのシーンで既にそうとう怖いので、”しまったホラーか?( …

『マトリックス レザレクションズ』素直に面白いけどなぁ。

普通に素直に面白いけどなぁ。 この映画に関しては、「マトリックス」のが好きな人ほど受け入れられないという特性があるようだ。 ”面白い”、”つまらない”の話題が出てくるとそんな印象を受ける。 正直言って …

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」素直に面白いとは言えないなぁ。

どうも、見前からこの映画の「ラスト13分」というコピーに引っかかって、あまり期待していなかったんですよね。 というのも、クエンティン・タランティーノの映画で、「デス・プルーフ in グラインドハウス」 …