ジャンル・カテゴリー別 お勧めしない|つまらない映画

映画はエンターテイメント。面白い!楽しい!・・・はずなのにつまらない映画はゴロゴロ。これ以上無駄なお金を使う人を増やさないために”つまらない映画”を紹介します。もちろん、おすすめの映画を紹介しますから、どうせみるなら、コチラをどうぞ。

戦闘アクション 迫力の映像 面白さ ★★★★☆ 意外に面白い SF アクション

『ゴジラvsコング』ど迫力!最初から最後までぶっ飛ぶぞ!

投稿日:

一連の巨大生物シリーズ。
最初にキングコングを出しておいて、次にゴジラとその僕達を登場させる。

長期戦略で、日米の怪獣を戦わせる雰囲気を演出しておいて、ついに決戦の時が来る!みたいな流れでしたね。

ゴジラVSコング

ゴジラとコング どちらが強いか?

映画の公開前は「ゴジラとコングのどちらが強いか」でかなり煽っていましたが、実際見てみると、”そんな事どうでも良い”という気分になるから不思議です。

”どちらも強い”というのが見終わった感想です。

怪物同士の戦いに人間がどのように絡むのか?

こういう怪物同士が闘う映画は、人間そっちのけになりがちなのですが、まぁこの映画もそうなるのかな・・・と思わせといて、最後で人間が登場してきます。

本当の怪物とは?”を表現しているとも言える展開なのですが、はっきり言って、この展開がなければ、単なるドンチャン・バラバラの暴力的なだけの映画になっていたような気がします。

特撮シーンは確かにスゴイのですが、冒頭から終りまでとにかく爆発・破壊の連続で、だんだん慣れてきてしまうんですよね。

そこに、○○が登場!・・・て、これ世代が当たる人なら泣けるシーンです。

うーん、既にネットではネタバレでグッズまで販売されているのですが、これは知らない方が”おー!”という雰囲気に浸れます。

僕は知らなかったので、”こう来るのか?”と、ちょっと感動しました。

アメリカ映画なんですよね??

この怪物シリーズを企画した人、どんな人か知らないんですが、本当に日本の怪獣を良くしっていて愛していますよね。

全てのキャラがオリジナルの雰囲気を損なわないように、よりリアリティのあるデザインにバージョンアップされていますし、ストーリーも日本のオリジナルを踏襲した形に仕上げられています。

いや、ここまで日本的な映画をアメリカ人が考えるとはなかなかスゴイことですよね。

なかなか楽しめる映画だと思いました。

設定はもう少し工夫が欲しい部分もあるな

設定は、どこかで見たようなものが多かったかな。

「地底探検」「センター オブ ジ アース」の設定をそのまんま引用しているような雰囲気だったので、ここは惜しかった。

”地底に空洞がある”でも良いんだけど、なにかしらオリジナリティが欲しかったなぁ。
時間の関係で、ここであまり引っ張れないとう事情だったのか?

コングが使う”斧”も、どこかで見たような雰囲気なんだよなぁ。
実に惜しい!

それと、ゴジラの表情と仕草をが非常に細かく表現されているんですが、これが”誰かに似ている”とずっと考えていました。

で、見ている最中に気が付いたんですよ。

横綱「白鵬(はくほう)」に似てませんか?
僕はこれに気づいた後も、ずっと”似ている!”と感じていましたが、他の人はどうなのかなぁ?

白鵬

顔もだけど、特に仕草がそっくりなんですよねぇ・・・。そう思った人いませんか?

前作を見ておくべきか?

最後に『GODZILLA ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』と『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を見ておくべきか?という話ですが、個人的には”見ておいた方が楽しめる”と思います。

ストーリーが繋がるという所もあるんですが、それよりもキャラクターの個性を理解しておいた方がより楽しめると思うんですよね。

シリーズ他の映画も面白いので、後からでも良いのでぜひごらんください。

-戦闘アクション, 迫力の映像, 面白さ ★★★★☆, 意外に面白い, SF, アクション
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ラプチャー ~破裂~」うーん、微妙だ。

うーん、面白いのか、つまらないのか微妙な映画だった。 告知やポスターなんかを見ると「SAW」の雰囲気をかもし出していて、”恐い映画”と思っていたんだよね。 拉致されたシングルマザーをジワジワといたぶる …

「アルキメデスの大戦」なかなか面白かったぞ!!

実は この映画、見たいものが他になかったので、消去法で残った映画なんだよね。 「チャイルド・プレイ」と悩んだ結果、こちらを見ることに・・・。 結果・・・良かった! この映画に期待してなかったのは、先駆 …

「ハリエット」お涙でない。”闘う映画”で痛快な結末が待っている。

正直言って、コロナ禍の中、公開される映画が少なくて、”消去法”で見に行った映画。 全然期待していなかったのは、”お涙頂戴”の映画が嫌いって、それだけなんです。 予告編を見た感想は、「黒人女性が奴隷生活 …

「アリータ: バトル・エンジェル」面白い!最高だ!!

「移動都市/モータル・エンジン」を見た直後だったので、”比較したらかわいそうかな?”と思ったら、なんとなんと、予想を覆す面白さ! 「移動都市」の場合は、”都市”自体が主人公になっていて、「アリータ」は …

「ホテル ムンバイ」面白い!良かった!

「「ロケット マン」」、「アド アストラ」と、ちょっと不完全燃焼が続いたんだけど、これで吹っ飛びました。良かったです。 現実に起こったテロ事件という事で正直、見ているとかなり恐かったです。 「本当にテ …